キルトウィーク横浜2014

IMG_convert_20141108192617.jpg

今年もキルトウィーク横浜で
(株)オルヌマンさんのお手伝い。
今回もマジックハンガー作り方のデモンストレーションで
いまだ、ワイヤーポーチの人気は衰えず、
沢山の方々に興味を持っていただきました。
初めてのお客さんとの会話も楽しいし
パッチワーク通信社編集部の方々、
お手伝い仲間、旅行で知り合ったキルターの友人達との
再会がまた嬉しいひと時です。
教室の生徒さん達も会いに来てくれました!
ありがとう~

そして、3人の男性のお客さんがいらしてくださいました。
今まで全てが女性のお客さんだったのでびっくり!
これからは男性手芸家の方も増えるかもしれませんね。




IMGP8356_convert_20140822142437.jpg

IMGP4636_convert_20131118173813_convert_20141108193821.jpg

楽しい祭典でしたが、悲しいことも・・・
見本で持って行ったバッグが盗まれた!!!
「パッチワーク通信」にも掲載された
お気に入りのバッグ・・・ちょっとショック。
「出合う人達は皆良い人」と思いたいけど
そうは・・・いかないですね。
「盗みたいほど魅力的だったんだ~」と思う事で
自分を納得させました。

手芸男子

IMGP5292_convert_20140629180739.jpg

教室に初めて男の方が習いに来て下さいました。
ここ最近、家族以外の男子との接点が少なく、
女性との付き合いが断然多いので
予約をいただいて、お会いするまでドキドキ!
でも、とても優しい感じの方で、ホッとひと安心。

ミシンの使い方と、洋裁を習いたいとの事で
今回はミシンに慣れるために
巾着を縫ってもらいました。
とても丁寧にミシンがけしてくださり、
2時間でほぼ完成!

考えてみれば、テイラーは元々男性の職業。
男性の方が手先が器用な方が多いのかもしれません。
それに女性とは違う目線で
デザインや制作が出来るのではないかと思います。

これからも手芸男子が増えて
教室に来て下さると楽しいな~と思います。

第13回 東京国際キルトフェスティバル

IMGP4924_convert_20140130165702.jpg

1月23日~29日東京ドームキルトフェスティバル
お手伝いに行ってきました。
今年のテーマは「ムーミン」
斉藤謠子先生が担当されていました。




IMGP4925_convert_20140130165539.jpg

ムーミンのお家。
とても人気のコーナーです。




IMGP4928_convert_20140130165747.jpg

ココが私の仕事場、(株)オルヌマンさんです。
問屋さんなのでキルト綿をはじめ、いろいろな材料が安い。




IMGP4929_convert_20140130171727.jpg

毎日このテーブルに座って、
マジックハンガー・網代編み・ログキャビンなどの
作り方をデモンストレーションしながら商品を薦めます。




IMGP4930_convert_20140130171654.jpg

これが「マジックハンガー」昨年からとても人気で、
興味のあるお客さんでいっぱいになりました。




IMGP4931_convert_20140130171625.jpg

それにあわせるカラフルなオープンファスナー。

第1回目からこのキルト展に来ているのですが
毎年毎年、入場者が増えている気がします。
朝から終了まじかまで毎日凄い人!です。
デモンストレーションのテーブルの前にも
大勢の方が集まり、お買い上げ下さいました。

初めてお会いするお客様に作り方を説明しながら
色々な話をするのも楽しいし、
先生仲間や友人達との再会も又楽しい!
お仕事などでお世話になっている方や
教室の生徒さん方もブースに顔を出してくださいます。
ここは再会の場でもあります。

身体は疲れてクタクタだし、
しゃべり過ぎで喉は悲鳴を上げるけど
気持ちは高揚してルンルンです。

そして毎回、買い物はほどほどに…と
思っているのに安くて可愛い材料があると
つい買ってしまいます。(^_^;A)

新潟「きものの街のキルト展」

IMGP4160_convert_20130922170913.jpg

今日は「ローラ紀行Ⅱ」をお休みして
新潟・十日町で開催された
「きものの街のキルト展」のお話。
このキルト展のコンテストで「審査員特別賞」を
いただいたので、9/21に表彰式に出席してきました。

洋生地で作ってある様に見えますが
実はドレスや背景など
全体の70%は和布を利用しています。



IMGP4161_convert_20130922170946.jpg

IMGP4162_convert_20130922171013.jpg

和布部門、金・銀・銅各賞、フリー部門金賞、
スポンサー賞、第10回審査員賞、カールベンクス賞などの
素敵な作品に並んで檀上に展示されていました。




IMGP4178_convert_20130922171238.jpg

IMGP4181_convert_20130922171344.jpg

IMGP4179_convert_20130922171312.jpg

こちらの可愛いうさちゃんのキルトは
和布部門入賞者のKさんの作品。
可愛いうさちゃんを可愛い和布で
表現されています。

初めてお会いする方なのですが
思い切って声をかけて、
受賞の様子をカメラで撮影していただきました。
Kさんありがとうございました。




[新潟で見つけた可愛い物たち]

IMGP4126_convert_20130922170539.jpg

IMGP4131_convert_20130922170618.jpg

初めて乗る上越新幹線「Maxとき」
2階建てで、どちらに乗るか迷った末1階に。
1階の窓の高さはホームと同じ!
こんな目線でホームを見る事は
そうそうないと思い、1階に決めました。




IMGP4154_convert_20130922172302.jpg

縦横に走る数々の街道沿いには商店街が
ずっーと連なっています。




IMGP4153_convert_20130922170706.jpg

その中の一軒「ブティックヤング」では
野菜やお米、野菜の種が売られています!?




IMGP4156_convert_20130922170748.jpg

こちらは「ハイセンスウエアともえや」
きっと十日町のハイセンスなマダムの方々に
人気のショップなのでしょう。




IMGP4157_convert_20130922170826.jpg

アーケイドの下についている信号機は横型です。



IMGP4169_convert_20130922171154.jpg

IMGP4168_convert_20130922171055.jpg

IMGP4170_convert_20130922171122.jpg

表彰式会場の体育館のトイレ。
鍵もドアノブも、ガラスもレトロで素敵!
私好みです。




IMGP4201_convert_20130922171554.jpg

十日町について、いの一番に入った会場で見つけた
巾着2点。即購入!


IMGP4199_convert_20130922171618.jpg

本体の絣の柄も素敵だし、
切り替え布、裏地のチョイスも良い!
縫製もしっかりしています。




IMGP4197_convert_20130922171527.jpg

IMGP4192_convert_20130922171457.jpg

母へのお土産を探している時見つけた、うさちゃん茶碗。
素朴な可愛さにノックダウン!
自分用に買いましたが、
私は今、炭水化物抜きダイエット中…
いったいどうするつもりなんでしょう…私。




IMGP4203_convert_20130922174938.jpg

ピンクが可愛い古帯。
解いて小物作りに使うつもり。
お姫様キルトの様に洋風に使えそうです




IMGP4185_convert_20130922171425.jpg

偶然にも、前回のテレビ東京「孤独のグルメ」で
「新潟・十日町」に井之頭五郎さん来て
ここ「木村屋さん」で和菓子を購入してました!。



IMGP4211_convert_20130922171651.jpg

ミーハーの私は当然、買いました。
五郎ちゃんも食べた「あささささ」と「だんだんどうも」


そして「審査員特別賞」の賞品はなんとテレビ!
当然の様に大きな箱をポン!と渡されましたが…
こんなに大きな物持って帰れと?  
いくらなんでも無理なので
お願いして送ってもらう事になりました。

初めての新潟・十日町への日帰り旅。
十二分に楽しめました!


「パッチワーク通信6月号」

今日は「パッチワーク通信6月号」に掲載される
マトリョーシカ作品のプロセス撮影に
パッチワーク通信社まで行って来ました。
作り方をカメラで撮影して掲載します。
今回は二回目なので、行き方の再確認を怠ったら
どの出口から出るんだっけ?とホームをうろうろ。
ちょうど編集者のMさんが私に気が付いてくれて
声かけてくださったので「ほっ!」

今回も担当の編集者Kさん(女性)とカメラマンSさん(男性)
30代,40代,50代と年代は違うのですが
3人共О型だったり、心の中におたく的な部分があったりで
話しやすく話が尽きない。
アッと言う間に撮影も進みました。

「前回の顔写真気に入らないからもう一度撮って」
「顎のラインすっきりさせたいから上から撮って」
など我儘言いましたけど
「何回撮っても変わんないよ」と息子に言われた通り
歳はごまかせないわね~って改めて思いました…(^_^:)A

今回は画像をアップできないのですが、
4/22「パッチワーク通信6月号」が
発売されたらアップしますね。


IMGP2535_convert_20130222161905.jpg

これは今発売中の「パッチワーク通信4月号」
すみれ作品が掲載されています。
Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク