赤毛のアン「マリラのオットマン」

IMGP9594_convert_20150725172827.jpg

プリンスエドワード島、赤毛のアンのグリーンゲイブルズ、
マリラの部屋にあるオットマンを再現してみました。




src_34071140_convert_20150725173334.jpg

オットマンとはソファなど椅子の足元に置き
足を乗せて休める、小さな台の事。




IMGP9562_convert_20150725173152.jpg

本物の土台は・・・多分木製かな?と思いますが
カルトナージュで制作してみました。
曲線が多いので、丸め易い白ボール紙を側面に
上下は1mmの厚紙を使用。
白ボール紙を何層にもボンドで貼り重ねる事で
強度を付けました。




IMGP9565_convert_20150725173222.jpg

周りにこげ茶の布を巻いて・・・



IMGP9591_convert_20150725173100.jpg

IMGP9592_convert_20150802164901.jpg

座面はフックドラグ(ラグフッキング)
多分実物もそうだと思います。
着古したセーターなどをカットして使用してるので
リサイクルにもなります。

少し、高さが高い?花葉モチーフが小さい?
様な気がしますが・・・何とか完成!
またプリンスエドワード島を訪れる事が出来たら
しっかり本物と見比べてみようと思います。

犬のフォトフレーム

IMGP9307_convert_20150412171316.jpg

カルトナージュのフォトフレーム。
初心者さん用にデザインしました。
右側にLサイズの写真が入ります。




IMGP9311_convert_20150412171348.jpg

ワンちゃんの中に薄く綿が入っているので
少し盛りあがった半立体。
お好きな犬種または猫ちゃんに変更可能です。

マザーグース裁縫箱

IMGP5157_convert_20140620172837.jpg

マザーグース学会メンバーの方の通信レッスン用。
今回はカルトナージュで裁縫箱を制作しました。



IMGP5156_convert_20140620172805.jpg

見本は「リトル・ボー・ピープちゃん」



IMG_8515+(1)_convert_20140620173306.jpg

こちらはMGメンバーのNさんの作品。
「3匹の子猫ちゃん柄」です。



IMG_3530_convert_20140620173158.jpg

Nさん箱の内側。
中も「3匹の子猫ちゃん柄」です。



蜀咏悄+1_convert_20140620173707

同じくメンバーのHさん作品。
「マザーグース柄」



蜀咏悄+2_convert_20140620173740

内側は同じ布の、ハンプティダンプティやボーイブルー、
ボーピープちゃん柄。

仕切りは各自お好きな様に作っていただきました。
後3人の方は制作中です。
仕上がりが楽しみです。

ミニチュア制服フレーム

IMGP2940_convert_20130718181532.jpg

某学校の保護者の方からのオファーで
作成した見本です。
うちの教室に通えない距離に
住んでいらっしゃるので
通信レッスンとなります。

通信レッスンをされている方は他にもいらっしゃいます。
目の前で説明出来ないので、
なかなか大変な部分もあるのですが、
皆さんがんばって制作されています。




IMGP2942_convert_20130718182419.jpg

左側に学校の制服のミニチュア。
本物の制服の生地を使っています。
右側はフォトフレームとなっているので
制服姿のお子さんの写真を入れるといいですね。



IMGP2943_convert_20130718182517.jpg

こちらは男の子。まだミニチュアだけの段階です。
女の子に比べて華がないので、ミニチュアの教科書を付ける予定です。




IMGP2945_convert_20130718182544.jpg

裏側。こちら側から写真を入れます。

持ち手付バインダー

IMGP0788_convert_20120509131249.jpg

作品を見せながら名刺交換する、
母校のOB会・立食パーティーがあり、
「持ち手の付いたバインダー」を制作しました。

この持ち手は立食パーティーにはとても便利でした!





IMGP0785_convert_20120509131225.jpg

タータンチェック地にクロスステッチと
デージーのアップリケ。
かなり細かいクロス地なので
老眼が心配でしたが、なんとかクリア。

今回は贅沢して
「サジュ」の刺繍糸とクロス地を使いました。





IMGP0781_convert_20120509131159.jpg

中布はちょっと選択ミス。
タータンチェックとの相性はばっちりでしたが、
ポストカードを貼るのなら無地が正解でしたね。





IMGP0778_convert_20120509131104.jpg

裏にもデージーを一輪。



IMGP0779_convert_20120509131135.jpg




IMGP0777_convert_20120509131041.jpg

持ち手のこのテープは私のお気に入り。

リトルボーピープちゃんの小箱

IMGP0293_convert_20120315005411.jpg

カルトナージュコースの生徒さんに一番初めに
作ってもらう一番簡単な小箱。



IMGP0292_convert_20120315005454.jpg

中はリトルボーピープちゃんと
羊たちの柄になっています。

テディベアの木製フレーム

IMGP0037_convert_20120304171548.jpg

市販の木製フレームにカルトナージュで窓を作りました。
楕円の中に写真を入れられます。



IMGP0046_convert_20120304171713.jpg

IMGP0045_convert_20120304171436.jpg

色鉛筆で手書きしたベアを布にプリントしました。
写真入れると見えなくなっちゃうけど…(^-^;)A

コーヒーフィルター入れ

IMGP0265_convert_20120303203305.jpg

「西洋かぶれ」なので英米が大好きです!
国内旅行は我慢して我慢して…
そしてたま~に海外に行きます。
海外に行った時に必ず立ち寄るのが
スーパーと生地屋さん。
スーパーには可愛い生活雑貨がいっぱいあって、
お土産にもGood!それから、生地屋さん。
まずはコレクションしている「マザーグース」柄を探して…
でも、あまり見つかりません。
その代り欧米ではインテリアファブリックがたくさん!
必ず、可愛い布が見つかります。

イギリスで買ったキャス・キッドソン地と
カナダのチェックのインテリアファブリックを
組み合わせて作ったのがこの作品です。

フラワーバスケット

IMGP0159_convert_20120301142602.jpg

バスケット柄を使って楕円形のカルトナージュを制作。
持ち手は180度、動きます。




IMGP0157_convert_20120301142650.jpg

蓋はキャス・キッドソン地を使い
コサージュをいっぱい散らしました。
でも本当は横長楕円の筒を左右対称に作るのが難しく、
左右対象じゃなくなっちゃって…
それをごまかすためのコサージュでした!
ごまかす技術も上達しました…(^-^;)A 
結果的にはコサ-ジュがポイントになって
めでたしめでたし…

わんちゃんBox

IMGP0286_convert_20120229161254.jpg

側面に窓をつけてわんちゃんプリントを覘かせました。
プリントのジグザグ模様の色に合わせて、
本体はエンジに決定!




IMGP0287_convert_20120229161328.jpg

中は赤系の花柄にしました。

ピーターラビットの筆箱

IMGP0274_convert_20120223184633.jpg

イギリス・マザーグースツアーに行った時に
コルチェスターで買ったストライプ地と
「ハリーポッターのホグワーツ」の撮影場所だった
グロスター大聖堂のすぐそばにある
「グロスターの仕立て屋さん」の舞台となった
ビアトリクス・ポターのお土産屋さんで買った
ピーターラビットのしおりで制作。
(なんだか、組み立て唄みたいな説明になってしまった)





IMGP0272_convert_20120223184710.jpg

シルクのしおりを柄ごとにカットして使用。



IMGP0273_convert_20120223184741.jpg

ピグリンブラント柄の布は米ネットショップで買いました。

リトルゴールデンBookの宝石箱

IMGP0280_convert_20120210170049.jpg

アメリカのネットショップで
「リトルゴールデンBook」の生地を発見!
息子や自分が小さい頃、手に取った懐かしい絵本です。
その絵本そのままの雰囲気のデザインです。




IMGP0282_convert_20120210170204.jpg

何を作ろうかな?



IMGP0279_convert_20120210170131.jpg

息子が幼稚園や小学校の頃、私にプレゼントしてくれた
ブローチとブレスレット専用の宝石箱にしました。

パディントンベアの旅行鞄

IMGP0034_convert_20120206180941.jpg

普段あまり「パディントンベアグッズ」は
集めてないけど、可愛い生地を見つけたので、
思わず買ってしまいました。
落ち着いた色合いで
パディントンもしっかり描きこまれています。
何を作ろう?と考慮した結果、
「パディントンの旅行鞄」に決定!
パディントンが首から下げている
「メッセージ入りのタグ」も再現しました。




IMGP0031_convert_20120206163234.jpg

IMGP0033_convert_20120206163403.jpg

IMGP0032_convert_20120206163325.jpg

眼鏡ケース

IMGP0061_convert_20120206163111.jpg

リネン地とタータンチェック地で作った眼鏡ケース。
リネン地にベアのスタンプを押しました。
持ち手は革です。




IMGP0069_convert_20120206163150.jpg

中はキルト綿とネル地になっていて、
眼鏡をやさしくキープしてくれます。
新丸子にある眼鏡ショップ「プラウ」の店長さんに
差し上げたらとても喜んで下さいました。

ソーイングcanドール

IMGP0318_convert_20120204234957.jpg

水色の缶の蓋の上に人形を作って取り付け、
腕はペグ(西洋洗濯バサミ)で糸巻ホルダーです。




IMGP0317_convert_20120204235140.jpg

上半身はクロスステッチで刺繍をしました。




IMGP0322_convert_20120204235047.jpg

缶の中は二段になっていて、
針刺しや小物入れになっています。

テディベア・マフィン型裁縫箱

IMGP0294_convert_20120203183840.jpg

テディベアのマフィン型を見つけました!
あんまり可愛いので衝動買い!
でも、お菓子作りはしたくなかったので
カルトナージュでお菓子を作っちゃいました!
チョコ味とバニラ味です。




IMGP0296_convert_20120203184015.jpg

中には針と糸を入れて、ミニ裁縫箱にするつもりです。



IMGP0295_convert_20120203183926.jpg

イギリス箱

IMGP0269_convert_20120208154025.jpg

キャス・キッドソン地にターターンチェック柄を
合わせてみました。
思い切った選択でしたが、意外にマッチ!




IMGP0267_convert_20120208153915.jpg

ユニオンジャックをグログランテープで作り、リボン刺繍も。



IMGP0268_convert_20120208153956.jpg

でも、正確にいうとタータンチェックはイギリスではなくて、
スコットランドだよね…
Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「キルトジャパン」 ヴォーグ社
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・金曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
木曜   出張レッスンのみ    
    (教室レッスンはお休み)

祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日夜9時までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク