「no ttitle」展

息子と高校時代の旧友女子6人、合わせて7人のグループ展に行って来ました。
久々の原宿、予想通りの混みこみの竹下通りを抜けて…
デザインフェスタギャラリー原宿へ


IMGP0704_convert_20120330003503.jpg

まずは息子作品、
「ゆとり犬(いぬ)」2点。アクリル絵の具。
「ちびっちゃいゆとり犬」が可愛い。
ブルーのバックも好き。



IMGP0707_convert_20120330003537.jpg

「おとぎ話」のイラスト。
自分のイメージを膨らませて表現したそうです。
水性ペンのインク。
美術短大を卒業したばかりの女の子。




IMGP0708_convert_20120330003618.jpg

十二単の重ねを現代風にプリントとして表現したそうです。
アウトラインなしの表現がすっきり感を出しています。




IMGP0702_convert_20120330003645.jpg

お魚が好きという女の子作品。
絵の具の使い方がウツボとオコゼの雰囲気とマッチ。




IMGP0701_convert_20120330003720.jpg

尊敬する画家さんにあこがれて描いた「山」の数々。
発想がユニークな立体作品も。
この春美術系短大を卒業したばかり。




IMGP0700_convert_20120330003752.jpg

日本画専攻の女の子。岩絵の具で描いた山。
山肌が人みたいに見えるけど、偶然?意図的?



IMGP0699_convert_20120330003836.jpg

写真が好きな女の子の作品。
ビルがテトリスみたいに見えたという事で
タイトルは「テトリス」





他の部屋でも同じ様な学生さん達が作品展やっていました。
みんながんばってね!諦めずに夢を実現してね!
私もまだまだ高みを目指してがんばります!

「ゆとり犬(いぬ)」展示会

340411_342550632437839_100000487165108_1382580_396671601_o_convert_20120326171753.jpg

息子は今美大生です。
高校もデザイン科だったのですが、その高校の旧友女子達と
「デザインフェスタギャラリー原宿 EAST 302号室」にて
3/29~4/1 作品展を開催します。
息子はオリジナルキャラクターの「ゆとり犬(いぬ)」の作品を展示予定。
「ゆとり世代のシニカルなビーグル犬」
媚を売らない所が可愛い!!です。




アリス・ファイルケース

IMGP0306_convert_20120324183744.jpg

茶色のモアレの上にアリスプリントで
ティーポットのアップリケをした
ファイルケースです。ファスナー飾りは白兎。



IMGP0307_convert_20120324183816.jpg

裏はティーカップのアップリケ。


IMGP0309_convert_20120324183849.jpg

中もアリスです。
キルト綿は使わず、プラ版を入れました。

苺の三角巾着

IMGP0288_convert_20120323023138.jpg

赤地に白い水玉の生地を苺に見立てて、
巾着を作りました。
ヨーヨーキルトの変形でお花も制作。
短時間で作れる簡単作品です。

アリスのショルダーBag

IMGP0666_convert_20120321165158.jpg

ここ数年「ジョン・テニエルのアリス柄」の布が
販売されています。何種類かはget済みで、
今回はポップな色合いのアリス布とキャス・キッドソン地で
ショルダーBagを制作しました。



IMGP0667_convert_20120321165238.jpg

リボン刺繍もプラス。



IMGP0669_convert_20120321165304.jpg

裏側には、ケータイ用ポケットを付けました。



IMGP0671_convert_20120321165335.jpg

中袋は「ディズニー・アリス」です。

リネンBag

IMGP0562_convert_20120319203455.jpg

手芸普及協会パッチワークの課題のパターンを
利用して作ったBag
フランスで買い求めたリネン三種で制作。
表は白地のリネンとベージュ系のリネン。
キルト綿は入れず中袋はラミネート加工の布を
使用して張りを出しました。
キルティング代わりに、
ちからボタンで中と表を止めてあります。
ちからボタンはカラフルで小さくて可愛いのでよく使います。



IMGP0564_convert_20120319203528.jpg

反対側はブルー系。
このBagは柄合わせにこだわり、ピースワークをする時
チェックのラインをきっちり合わせました。



IMGP0565_convert_20120319203555.jpg

実をいうと、柄合わせする時失敗したピースがたくさんあり
もったいないので、それをつなぎ持ち手を作りました。
ポイントにちからボタンも。

りんごのアップリケ額

IMGP0638_convert_20120318152737.jpg

両面接着シートを付けた切りっぱなしの布をアップリケ。


IMGP0640_convert_20120318152812.jpg

りんごの種を目に見立てて、くるくる動く目を貼りました。
「APPLE」の文字は布用スタンプです。

takutoのお弁当箱

IMGP0521_convert_20120223202057.jpg

「温められるようにアルミのお弁当箱にして下さい。」
息子が幼稚園の時、先生に言われました。
実家を探すと昔伯母が使っていた
「アルミのお弁当箱」を発見!
息子は小さい時「ピンクが好き!」
と言っていたので色は問題なし。
でも流石にこのままでは…ちょっと…

カッティングシートでくまと名前のシールを
作って貼りました。
せっかく作ったシールが剥がれちゃうとイヤなので
上からクリアシートを貼ったら、
温めても洗っても大丈夫でした。

2年間、毎日違うキャラクター弁当作って楽しみました。

ペグ(西洋洗濯ばさみ)人形

IMGP0659_convert_20120315234340.jpg

海外旅行に行った時には
必ず現地のスーパーマーケットに寄ります。
このペグ(西洋洗濯ばさみ)は
プリンスエドワード島のお店で購入。
プリンスエドワード島では庭に張ったロープと
洗濯ばさみで洗濯物を干していました。



IMGP0661_convert_20120315230041.jpg

「若草物語」のエミリーが鼻を高くしたくて、
毎晩洗濯ばさみで鼻をはさんで
寝ていましたよね。
そのペグを思い出し、
エミリーの様に服を着せて人形にしました。
エプロンには針や糸ボタンなどを
入れてソーイングドールにしました。

リトルボーピープちゃんの小箱

IMGP0293_convert_20120315005411.jpg

カルトナージュコースの生徒さんに一番初めに
作ってもらう一番簡単な小箱。



IMGP0292_convert_20120315005454.jpg

中はリトルボーピープちゃんと
羊たちの柄になっています。

カードケース

IMGP0313_convert_20120313191444.jpg

薄くて品質の良いリネンシャツをほどいて
カードケースを作りました。
いつも買っている安めのぼそっとした雑貨用リネン生地
とは違うしなやかな雰囲気が出ました。
サテンステッチで刺繍。
赤いレースも可愛いポイントになりました。

三角ログキャビンキルト

IMGP0397_convert_20120312221846.jpg

手芸普及協会(パッチワーク)の課題です。
三角のプレスドキルトを6個作って、後でつなぎます。
凸凹にならないようにつなぐのが、意外に難しい!




IMGP0400_convert_20120312221922.jpg

個性を出したくて、紅茶で染めたコットンヤーンで
周りを飾り編みしました。
課題をそのまま作るのが苦手…
つい何か加えたくなっちゃいます。

ティリーとエドワードのクッション

IMGP0584_convert_20120311154612.jpg

小さかった息子のお気に入り絵本
『ティリーの願い』
木製ドールのティリーとテディベアのエドワードが
友達になり、
二人でティリーの家を作るというお話。
息子は「人間の家にある物を利用して
自分の家を作る」という
創作的な所に魅かれていました。

そのティリーとエドワードを
「バスケット柄」に入れ込んで…
手芸普及協会(パッチワーク)の課題でしたが、
そのままだとつまらないので、
遊んじゃいました!

ティリーがつぶやく「今日の一針、明日の十針」は私の座右の銘になりました。

ドロシーのはさみケース

IMGP0577_convert_20120309153652.jpg

「オズの魔法使い」柄で制作したケース。
はさみ、30cm定規、筆記用具などが入ります。




IMGP0581_convert_20120309153519.jpg

表はセピア色ですが、中はカラープリント。
映画でもカンザスではモノクロ、
オズの国ではカラーでしたよね。
それをイメージしました。




IMGP0579_convert_20120309153550.jpgwidth="347" height="289" />

ファスナーに「ルビースリッパ(靴)」を。

ドロシーBag (小)

IMGP0573_convert_20120309153446.jpg

これも「オズの魔法使いシリーズ」の布です。
前回は大きなパネル柄でしたが、
今回は小さめのプリントが全体にちらしてあります。
小さなポシェットで出かける時、
本などを入れるためのサブバックなのでマチはなし。
持ち手は革にしました。
これだけでグレードが上がった感がします。




IMGP0575_convert_20120309153628.jpg

口には服装の好みにあわせて、
トラッドっぽいテープを付けました。


ドロシーBag (大)

IMGP0569_convert_20120308163948.jpg

米・ネットショップで見つけた「オズの魔法使い」の布。
本も映画も大好きなので、ソク買いしました!
色々な種類が「OZシリーズ」で出ていますが、
今回はセピア色の大きなパネル地で、大きいBagを制作。




IMGP0570_convert_20120308164143.jpg

脇はバスケット柄で、これも「OZシリーズ」の中のひとつ。
犬のToto(トト)のバスケットをイメージしています。




IMGP0572_convert_20120308164117.jpg

中袋は国産のギンガムチェックプリントを選びました。
ドロシーが着ていた「洗いざらしでブルーが白に近くなってしまったギンガムドレス」に近い柄を探しました。

セーラベアのレッスンバック(女の子)

IMGP0552_convert_20120307180330.jpg

前回の女の子バージョンです。
オリジナルで描いた「セーラベア」を手刷りした布を使用。
スカートは脇だけアップリケ、
裾はひらひらさせたままにして
本当に着ている様にしました。




IMGP0553_convert_20120307180358.jpg

セーラベアのレッスンバック(男の子)

IMGP0556_convert_20120306151741.jpg

IMGP0558_convert_20120306151833.jpg

オリジナルで描いた「セーラベア」を
手刷りした生地を使用。
オーバーオールの胸元・ポケット口・裾は縫い付けず、
脇のみ縫い付けているので、本当に着ている様に見えます。


次回は「セーラベアの女の子Bag」をUPする予定です。

アップルツリーのクッション

IMGP0054_convert_20120305160444.jpg

手芸普及協会の課題作品。
オーソドックスなパターンです。



IMGP0539_convert_20120305155846.jpg

個人的にこだわったのは、林檎の軸の部分。
上の方を太目に刺繍して、リアル感をだしました。

テディベアの木製フレーム

IMGP0037_convert_20120304171548.jpg

市販の木製フレームにカルトナージュで窓を作りました。
楕円の中に写真を入れられます。



IMGP0046_convert_20120304171713.jpg

IMGP0045_convert_20120304171436.jpg

色鉛筆で手書きしたベアを布にプリントしました。
写真入れると見えなくなっちゃうけど…(^-^;)A

コーヒーフィルター入れ

IMGP0265_convert_20120303203305.jpg

「西洋かぶれ」なので英米が大好きです!
国内旅行は我慢して我慢して…
そしてたま~に海外に行きます。
海外に行った時に必ず立ち寄るのが
スーパーと生地屋さん。
スーパーには可愛い生活雑貨がいっぱいあって、
お土産にもGood!それから、生地屋さん。
まずはコレクションしている「マザーグース」柄を探して…
でも、あまり見つかりません。
その代り欧米ではインテリアファブリックがたくさん!
必ず、可愛い布が見つかります。

イギリスで買ったキャス・キッドソン地と
カナダのチェックのインテリアファブリックを
組み合わせて作ったのがこの作品です。

ミニミニボストンBag

IMGP0289_convert_20120302172608.jpg

デジカメがちょうど入る位の大きさです。
わんちゃんプリントの色に合わせ、
赤いタータンチェックとエンジの無地をチョイス。
持ち手に付けた金具は文房具の「割ピン」
「カシメ」より簡単に付きます。




IMGP0290_convert_20120302172653.jpg

ファスナー飾りもわんちゃんで。

フラワーバスケット

IMGP0159_convert_20120301142602.jpg

バスケット柄を使って楕円形のカルトナージュを制作。
持ち手は180度、動きます。




IMGP0157_convert_20120301142650.jpg

蓋はキャス・キッドソン地を使い
コサージュをいっぱい散らしました。
でも本当は横長楕円の筒を左右対称に作るのが難しく、
左右対象じゃなくなっちゃって…
それをごまかすためのコサージュでした!
ごまかす技術も上達しました…(^-^;)A 
結果的にはコサ-ジュがポイントになって
めでたしめでたし…
Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク