ローラ旅 17

6月19日 part7

次に訪れたのは、キルトミュージアム。
昔銀行だった建物に古いアーミッシュキルトが
展示されています。



IMGP1450_convert_20120831191912.jpg


IMGP1422_convert_20120831192307.jpg

かなり盛り沢山な一日だったので
疲れもありキルトの写真はあまりなし。
でも、このオットマンは気に入りました。




IMGP1421_convert_20120902175649.jpg

ミュージアムを出た所の景色。



IMGP1419_convert_20120831192120.jpg

よくTVドラマや映画などで見る
地下室への外扉。




IMGP1810_convert_20120831192636.jpg

その後、バスでホテルに向いました。
ホテル近くにアウトレットがあり
希望者だけ行くことになり
かなり疲れていましたが私も参加。

そこで買ったコーチのキーケース。
基本的にはブランド物に興味はないのですが、
このマーガレットの可愛さに
負けて買ってしまいました。

ローラ旅 16

6月19日 part6

次は「セントラルマーケット」へ。
アーミッシュの方たちがお店を出しています。
野菜・果物屋さん、総菜屋さん、お土産屋さん
雑貨屋さん、お菓子屋さんなどなど。
いろんなお店が出ています。

ここで夕飯用に「マカロニチーズ」を
買いました。
「アメリカのおふくろの味」的な物なので
ぜひ食べたかった料理です。
予想どおり私好みでおいしかったです。



IMGP1411_convert_20120830193044.jpg


IMGP1415_convert_20120830193142.jpg


IMGP1408_convert_20120830193255.jpg


IMGP1407_convert_20120830193342.jpg


IMGP1406_convert_20120830193429.jpg


IMGP1405_convert_20120830193525.jpg


IMGP1401_convert_20120830193615.jpg


IMGP1402_convert_20120830194104.jpg


アーミッシュの方とおしゃべり。
「どっから来たの?」
「日本です。」
「日本人と中国人は見分けがつかないわね。」
たしかにおっしゃるとおり。
私にもしゃべらないかぎり分かりません。

ローラ旅 15

6月19日 part5

その後、観光向けのお店がたくさんあるヴィレッジへ。
まずはキルトショップ「オールドカントリーストア」の
2階に展示してあるさまざまなキルトを見学。



IMGP1366_convert_20120826175602.jpg


IMGP1367_convert_20120826175706.jpg


IMGP1362_convert_20120823194018.jpg



恒例のお買いもの。

IMGP1806_convert_20120826174906.jpg

猫の針刺し。
陶器の猫の背中が針刺しになっています。
とつてもキュート!




IMGP1828_convert_20120823194628.jpg

IMGP1829_convert_20120823194705.jpg

マザーグース「リトルボーピープちゃん」柄
色違い2種などを購入。




IMGP1375_convert_20120823194116.jpg

キッチンケトルヴィレッジのキャラクター
ジンジャーブレッド君に遭遇!
可愛くて感激!
でも…頭だけ見ると…
あんこたっぷりの大判焼きにも見える!

ここはたくさんのお店が集まっているので盛り沢山。
もっと時間がほしかったな~


ローラ旅 14

6月19日 part4

お昼はアーミシュ料理が食べられるレストラン。
かなり大きなホールで沢山の観光客がいました。

ここのフライドチキンは最高!
皮がパリパリで美味しい!
アップルパイも甘すぎずGoodでした。



IMGP1324_convert_20120823193914.jpg

レストランに飾ってあった
可愛いカントリー調スターのキルト額。




IMGP1839_convert_20120823194253.jpg

IMGP1838_convert_20120823194328.jpg

食事の後はショッピング。
アーミシュ柄の鍋つかみを購入。
これを材料にして雑貨を作ろうと思います。




ローラ旅 13

6月19日 Part3

バスに乗りこみ、
窓からアーミシュの畑や家々、
その家に住むアーミッシュの方々を見ながら
次のショップへ。
ショップは納屋の様になっており
その横にはアーミッシュの民家が建っています。

商品は私好みのものは少なく
ちょっとがっかり…
手作り物がたくさんあったのですが
趣味的にちょっと…
アーミッシュは無地しか使わないはずだけど
お土産物には柄物OK!みたいでした。



IMGP1819_convert_20120823194206.jpg

唯一買ったホーキ。
スーツケースに入るか不安だったけど…
無理やり入りました。


IMGP1821_convert_20120823194404.jpg

IMGP1824_convert_20120823194441.jpg




IMGP1314_convert_20120823193809.jpg

IMGP1315_convert_20120829183506.jpg

ショップ隣の民家。
干してある洗濯物が可愛い!

ショップの裏でアーミッシュの男の子に遭遇。
一緒にいた犬をだしにして話しかけたら
答えてくれたけど、すごく恥ずかしそう。
12、13才位の可愛い子でした。

アーミッシュの犬ってすごく痩せてた。
日本の甘やかされた犬とは違うんだな~

ローラ旅 12

6月19日 Part2

次はアーミッシュのキルトショップ。
個人宅の様で本格的なキルトを注文を受けて
制作されているそうです。



IMGP1306_convert_20120821172926.jpg

完成間近のキルト。
さすが!丁寧な作りです。





IMGP1308_convert_20120821173411.jpg

フックドラグ。私好みの落ち着いた色合いで、
どんぐりが可愛い。でも約2万円で現金払い。
アーミシュの方はもちろんクレジットは
使いませんよね~
了解を得て、写真だけ撮らせてもらいました。




IMGP1311_convert_20120821173455.jpg

外のガレージにある馬車を撮らせてもらおうと
近づくとガレージに隣接して、
作業場と言うか温室と言うか、可愛い小部屋があり
アーミッシュのおじーちゃんが座っていました。
白髪でおかっぱ頭のすっごくキュートな方。
「どこから来たの?」
「日本からです。日本はご存じですか?」
「知ってるよ。」
ちょっとだけおしゃべり。
アーミッシュの生活についてなど
色々おしゃべりしたかったのですが、
私の幼稚な英語力では無理というもの。
それからおじーちゃんの写真も撮りたかった~
すごく良いキャラクターなんですもの。
でも礼儀正しく、写真は諦めました。

ローラ旅 11

6月19日 part1

昨晩、アーミッシュの里、ランカスターに到着。
部屋に向って廊下を歩いて行くと
部屋の中から、大型犬の様な鳴き声が…
翌朝、食堂に行くと
迷彩服やPoliceのロゴ入りTシャツを着た
ムキムキのおにーさん達が…
どうも警察犬を連れたポリスマン達が
泊まっているようでした。
外にはパトカーも沢山止まっていました。

朝食を済ませ、部屋に戻る時
ちょうど部屋に入る所のおにーさんがいたので
「ワンちゃん見たいな~」というそぶりを見せたら
シェパード犬を見せてくれました。
なでてもじーっとしていて、
勇猛に犯人に向って行くとは思えないほどおとなしく、
頭の良さそうな女の子です。


IMGP1213_convert_20120821172626.jpg




今日はアーミシュの村々を巡ります。
まずはアーミッシュの家の見学。
といっても実際人が住んでいる家ではなく
テーマパークみたいに観光者に見せるための場所。


IMGP1275_convert_20120821173140.jpg

家の中に展示されているキルトの数々。

IMGP1263_convert_20120821172736.jpg


IMGP1246_convert_20120821173229.jpg

うちのタックマもキルトの側で。


IMGP1242_convert_20120821173026.jpg

とっても可愛いコップ達。



IMGP1269_convert_20120821172822.jpg

再びうちのタックマ。



IMGP1293_convert_20120821173322.jpg

ローラ旅 10

6月18日

今日はまずミネアポリステキスタイルセンターへ。
正直私好みの展示はなし。
ローラ関係の観光は、昨日で終わりだったので
今日はちょっとテンション下がりぎみ。

ギフトショップには、センターのメンバー手作りの
商品が並んでいます。
そこで見つけた物がこれ。




IMGP1786_convert_20120819163601.jpg

この羊毛フェルトの人形を見つけた時
「リトル・ボー・ピープちゃん!」と
飛びついたのですが、値札の裏に
「Shepherdess & Lamb(羊飼いの娘と羊)」
となっており…
「これはリトル・ボー・ピープなのだろうか?」
値段も49ドルと高めだったので、
しばし考慮…悩んだ末に買いました。

でもレジの若い女の子が
「これはリトル・ボー・ピープというのよ」と言ったので、
「私は日本のマザーグース学会のメンバーなの」と返すと
「知ってたのね。」
作者はどう思って作ったのか分からないけど
レジの女の子と少しでもマザーグースに
関連した話が出来て感激でした。

ちなみにこの羊毛は作者が飼っている羊のものだそうです。




IMGP1211_convert_20120819163900.jpg

このあとミネアポリス空港から
飛行機でフィラデルフィアへ向かいます。

ミネアポリス(セントポール)は
スヌーピーの作者シュルツさんの故郷でもあり
飛行場にはスヌーピーのオブジェが。
ひそかにスヌーピー見れるかな?と
期待してました。




IMGP1215_convert_20120819164002.jpg

飛行機の中に置いてある本。
日本からの飛行機にも置いてあったのですが
今回良く見てみると…




IMGP1847_convert_20120819163644.jpg

なんと!!TV「大草原の小さな家」ローラ役の
メリッサ・ギルバートの記事が!!!


IMGP1848_convert_20120819163719.jpg

IMGP1849_convert_20120819163756.jpg

「やっぱり私にとってローラは運命の人なんだわ!」
と勝手に盛り上がりました。

ローラ旅 9

6月17日 part3

ミュージアムを出た頃、雨が降り出し、
あわててバスへ。
これからミネアポリスへ戻ります。

途中、北欧系の「ストックホルム」と言う町で下車。
短い自由時間なので、バスの中から見つけた
ジャンク屋さんにダッシュ!




IMGP1831_convert_20120817164351.jpg

チェリー柄のテーブルクロス1枚とナプキン4枚のセット。
これで又、作品制作しようと思います。




IMGP1861_convert_20120817163934.jpg


マザーグース「Polly Put The Kettie On 」の
題名のついた本。
料理本なのですが、ちょっと変な感じが…




IMGP1862_convert_20120817164011.jpg

マザーグースの挿絵が数枚あるのですが、
素人がサインペンで描いてコピーした様な…




IMGP1863_convert_20120818174502.jpg

レシピもタイプで打った様で…

帰国後にマザーグース学会に持参したところ
会員の I さんが教えてくださいました。
アメリカでは、サークルでこの様な本を
作る事があるそうです。それなら納得。
一般向けではなく、内輪で楽しむ本なのですね。

蛇足なのですが、
別の会員 K.S さん、
TV「大草原の小さな家」の
ローラの吹き替えをしていた佐藤久里子さんは
中・高校の卓球部の先輩だったそうです。
小学生の頃からローラの吹き替えされていて
今はアメリカに住んでいるそうです。





IMGP1181_convert_20120816183925.jpg

マザーグース「かぼちゃのピーター」のクッキ-ジャー。
30cmほどの大きさで35ドル。
お買い得だったのですが…
前日にファイヤーキングの食器を
まとめて買っていたので
大きなこの陶器を無事に持って帰れるか不安になり、
悩んだあげく諦めました…
でもバスが走りだした後、すごく後悔。
なんで買わなかったんだろ~
海外旅行の時は、後で後悔しないように
「迷ったら買う!」と決めていたのに…
魔が差したとしか思えない。

ローラ旅 8

6月17日 part2

ローラインガルスワイルダーミュージアムで買った物。



IMGP1844_convert_20120817163727.jpg

キルト本「ローラとキルティング」

IMGP1845_convert_20120817163804.jpg

IMGP1846_convert_20120817163854.jpg

ローラとメアリーも縫ったナインパッチのパターンも。



IMGP1869_convert_20120817164140.jpg

ワッペン。いつか作品制作の時に使いたいな~



IMGP1872_convert_20120817164939.jpg

「大きな森の小さな家」のポストカード。
中学の頃、一緒に「ローラファン」だった友人にも。




IMGP1870_convert_20120817164249.jpg

IMGP1871_convert_20120817164902.jpg

当時の大草原の少女達の暮らしについての本
ローラの時代の暮らしについての本や
開拓時代の歴史などに興味があり、
この手の本はかなり読みました。




ローラ旅 7

6月17日 part1

今日は、ウィスコンシン州 ぺピンへ向かいます。



IMGP1096_convert_20120816183214.jpg

IMGP1097_convert_20120816183258.jpg

まずは「大きな森の小さな家」へ。
本物の家はもうないので、後から建てられたもの。
森も切り開かれ「大きな森」のイメージはありません。





IMGP1118_convert_20120816184044.jpg

ぺピン湖。
ローラが生まれて初めて訪れた町です。
沢山、ぺピン湖の石を拾ってポケットに入れたため
ポケットを破いてしまった場所。

時間がなく湖の側まで行けず…
湖畔の石を拾って帰りたかったのにな~
でも、今はヨットハーバーの様に整備されているので
湖畔に石があるかは不明。



IMGP1180_convert_20120816184357.jpg


IMGP1179_convert_20120816184446.jpg

昼食後、ローラインガルスワイルダ-ミュージアムへ。



IMGP1171_convert_20120816183425.jpg

ローラが使用していたキルト。




IMGP1164_convert_20120816183527.jpg

豚の膀胱!
父さんが豚を絞めた時、
メアリーとローラがボール代わりにして遊んだ物の再現。
カピカピに乾いていました。




IMGP1165_convert_20120816192344.jpg

ローラが布人形のシャーロッテを貰う前に遊んだ
トウモロコシの芯にハンカチを巻いただけの人形スーザン。
お土産用にもなっています。




IMGP1166_convert_20120816183812.jpg

「ジャック ジル」(&は、なし)という子供向け雑誌の
TV「大草原の小さな家」特集号。

マザーグース学会の方なら、すぐにピンときますよね!
「ジャック&ジル」ですね!




IMGP1155_convert_20120816183625.jpg

今回の「うちのタックマ」
当時の生活を再現したテーブルの上で。

ローラ旅 6

6月16日 part5

バスに乗り込み、元B&Bだった「草土の家」に行ったけど、
直接ローラに関係なく…ここに来るくらいなら
「父さんの鐘」を見に連れて行ってくれればいいのに…

そして再びバスで次の目的地
「ドイツ移民の町 ニューアーム」へ。

途中で友人が「スリーピーアイ」という町を
通過中だと気が付いた。
「スリーピーアイ」と言えば、
TV「大草原の小さな家」で
メアリーとアダムが盲学校を開いた街。
写真を撮る暇もなく、バスは通過したけど
気が付いてくれた友人に感謝!






IMGP1088_convert_20120815173329.jpg

夕刻、ニューアームのキルトショップ
「スピニング スプールズ」に到着。
ここで現地のキルターさんと交流会。
オーナーさんの19歳の娘さんと若いママさんと
色々お話しました。
私の拙い英語に根気よく付き合ってくれました。





IMGP1084_convert_20120815173203.jpg

「ニューアーム」の名入りのブロックと記念写真。



IMGP1826_convert_20120815173425.jpg

うさぎがかわいい!ネル生地 Get。



IMGP1957_convert_20120815174106.jpg

カントリー調の柄を数種チョイス。
帰国後、ローラのイメージの作品にしようと思います。





IMGP1958_convert_20120815174142.jpg

ミネソタ柄。ここに来た記念に。




IMGP1959_convert_20120815174214.jpg

お話した二人がくれた布。
普段自分では選ばないカラーだけど
若い二人らしい可愛く元気な柄。

「パッチワーク通信」企画のツアーだけあって
個人では出来ない現地の方とのふれあいが楽しかったです!

ローラ旅 5

6月16日 part4

続いて、題名にもなっているプラムクリークへ。

水かさが増したクリークに近づいてはいけないのに
誘惑に負け近づき、九死に一生を得た
ローラのエピソードは印象的で
小学1年用の国語の教科書にも掲載されています。



IMGP1042_convert_20120814172828.jpg

IMGP1048_convert_20120814172921.jpg

今は静かな流れです。




IMGP1054_convert_20120814173026.jpg

クリークのすぐ上にローラ達が住んだ
横穴式の住居後があります。
今ではわずかに穴が空いているばかり…
でも、ガース・ウィリアムズの挿絵のイメージ通り。




IMGP1058_convert_20120814173121.jpg

横穴式の住居の上の草原。
暴れた牛が突き破って穴をあけた、
家の屋根の部分。

これでウォルナットグローブ散策は終わりですが、
この町には父さんが靴を買うお金を献金して出来た
教会の鐘があるのですが、見る事ができませんでした!
ツアー会社が悪いのか、ガイドが悪いのか…

ローラ旅 4

6月16日 part3

ローラインガルスワイルダーミュージアムの周りには、
当時の生活を再現した建物がいくつかありました。



IMGP0965_convert_20120811153225.jpg

「うちのタックマ」洗濯機の上で。




IMGP1013_convert_20120813190647.jpg

展示コーナーの雑貨屋さんの棚に
マザーグースの「ハバードおばさん」発見!





IMGP1875_convert_20120813191556.jpg

この日は土曜日だったので、
近くのお店のパーキングスペースで
フリーマーケットが開催されていました。

ここでもマザーグース物発見!
「ハンプティ ダンプティ」の古い雑誌。
段ボール箱いっぱいに入っていました。
全部ほしかったけど…
7冊チョイス。なんと!7冊で1ドル!!




IMGP1881_convert_20120813191641.jpg

お店の奥さん(60歳代位の方)が
子供の頃の物だそうで、
色を塗ったり、切ったりした跡がありました。





IMGP1791_convert_20120813191158.jpg

ボタン2種類。
2つで1~2ドル位だったかな?





IMGP1813_convert_20120813191427.jpg

ちっちゃなソルト&ペッパー入れ
これも2ドル位





IMGP1815_convert_20120813191502.jpg

アンティークショップに移動。
大好きなブルーの色と安さにひかれ、
ファイヤーキングに手を出す。




IMGP1842_convert_20120813191733.jpg

ローラみたいな女の子のスタンプ。
なんと!8ドル90セント。
今日買ったジャンク物に比べるとすごく高い!!
でも、素朴な女の子にひかれ買っちいました。





IMGP1022_convert_20120813190808.jpg

お昼は「ネリーズレストラン」で。
ハンバーガーとサラダと…レモネード!
ローラの故郷ではやっぱりレモネードですよね!




IMGP1028_convert_20120813190528.jpg


IMGP1025_convert_20120813191042.jpg

店内には、ネリー役のアリソン・アーングリーンや
「双子」のキャリーのサイン入り写真が飾られていました。

ローラ旅 3

6月16日 part2

ローラインガルスワイルダーミュージアムの
ギフトショップには沢山のグッズがずらり。
全部買いたいところを我慢して…



IMGP1795_convert_20120812174706.jpg

ジャックのフィギア。


IMGP1796_convert_20120812174748.jpg

正面。


IMGP1797_convert_20120812174822.jpg

尻尾。
でも…ジャックは「斑のブルドック」なのに…
なんで白?





IMGP1801_convert_20120812174859.jpg

お皿型のキーホルダーとローラがクリスマスに、
初めて貰った布人形のシャーロッテのキーホルダー。
TDLにもあるマシーンにコインを入れると出てくる
スーベニアメダル。ジャック柄を選択。





IMGP1873_convert_20120812174954.jpg

父さんが弾いてくれたバイオリンの曲を
現代の人が演奏しているCD。
かねがね本を読んで、どんな曲なんだろ~?
と思っていたのでこのCDはうれしい!
おまけに大好きなマザーグースの
「ポリー、やかんをかけて」が入っている!
カントリー調になってるけど。
メアリーとローラが食事の用意をする間
父さんが歌詞を変えて、
バイオリンを弾きながら歌ったんでしたよね。




IMGP1954_convert_20120812180212.jpg

タペストリーというかひざ掛けというか…
縦長の大きな綿織物。
大きくて全部は写真に納まりきれないので
一部だけ…

IMGP1955_convert_20120812180252.jpg

ローラ旅   2

6月16日 part1

今日はいよいよウォルナットグローブへ。
原作「プラムクリークの土手で」の舞台であり、
TV「大草原の小さな家」の舞台でもあります。
(撮影場所は別の場所のようです。)


IMGP0934_convert_20120811152532.jpg

まずは「ローラインガルスワイルダーミュージアム」



IMGP0950_convert_20120811150643.jpg

「ローラの裁縫箱」



IMGP0951_convert_20120811152751.jpg

父さんが吹雪の前に町で買った
「バッファローのコート」




IMGP0954_convert_20120811152922.jpg

「母さんが作ったキルト」




IMGP0946_convert_20120811152643.jpg


「ガース・ウイリアムズのラフスケッチ」
「プラムクリークの土手で」の挿絵のための物。





IMGP0992_convert_20120811153104.jpg

隣の部屋は
TV「大草原の小さな家」の展示コーナー
オルソン夫人やベーカー先生の衣装や小道具、
関連書、グッズなどが展示されています。





IMGP0995_convert_20120811153752.jpg

TVセットを思わせる暖炉の上に
うちの「タックマ」を飾って一枚。

ローラ旅 1

6月15日
「パッチワーク通信社企画
ローラ物語ゆかりの地&アーミッシュ村
&ニューヨーク9日間」のツアーに参加しました。

中学1年生の時、
友人が貸してくれた「大きな森の小さな家」を
読んでからずーっとのファンです。
私という人間の礎になっている本です。

何十年後に念願かなって、ローラの故郷へ。

成田からまずはミネアポリスへ
ミネアポリスはTV「大草原の小さな家」の中に
度々登場した聞きなれた町です。

飛行場を出ると道の左右は住宅街になっていて
小ぶりで可愛い二階建ての家々が並んでいます。
とっても可愛く私好みの家ばかりで
写真に収めたかったのですが、
バスからは上手く撮れず…


バスが止まった時に撮った写真ですが、
この家はあまり私好みではないし…
構図的にも…残念。



IMGP0878_convert_20120810182605.jpg



バスが着いた先は「ミネアポリス美術館」
パッチワークの特別展が目的だった様ですが、
私的には「う~ん」って感じで…

一番インパクトがあったのがこの絵。
おじさんみたいな子供の絵!


IMGP0903_convert_20120810182459.jpg



次はこの熊。
リアルだけど可愛い!


IMGP0920_convert_20120810182945.jpg



この絵はトム・ソーヤーが住んでる町みたい。
日本アニメーションの「トム・ソーヤーの冒険」の
主題歌が頭の中で流れました。

IMGP0917_convert_20120810182730.jpg



そして一番の楽しみはギフトショップ!
マザーグースグッズを早速発見!
レターセットです。


IMGP1865_convert_20120810183142.jpg


マザーグース以外のキャラもいますが
ハンプティダンプティ、マザーハバード&犬
ジャックホーナー、かぼちゃのピーターなどなど。

中の便箋と封筒の絵はマーザーグースキャラでは
ないのですが、満足満足。
幸先いいですね。



IMGP1867_convert_20120810183254.jpg




そしてもう一つは、ログハウスプリントのティータオル。
ローラっぽいのでもちろんGetです。


IMGP1818_convert_20120810183103.jpg

ギフトショップで、
ガース・ウイリアムズの挿絵の牛みたいな乳牛形の
ミルクピッチャーを見つけましたが、
時間が足りなくて買えませんでした…

大草原の小さな家 ローラ旅[準備編]4

PCトラブルで更新できませんでした!
ほぼ2ヵ月、一難去ってまた一難…で疲れました…
このまま順調に動いてほしいものです…


では[準備編]の最後、ショッピングBagです。

IMGP0871_convert_20120629124819.jpg


IMGP0873_convert_20120629124141.jpg

このバックは麻のサマードレスをリフォームした物。
形や柄、素材は気に入ってはいるものの…
私にはあまり似合わなかったので
思い切ってバックにしました。

旅行中ショッピングした物を入れるためのバックです。
薄いリネン製で軽いため、
バックの中に入れて持ち歩くのにぴったりでした。




IMGP0820_convert_20120629125343.jpg

このサマードレスで作りました。
前から見た所。



IMGP0822_convert_20120629125410.jpg

後ろ側。
ボタンで留めるようになっていたため余分な布が沢山あり、
その分をタックにしてポイントにしました。
ファスナーだと余裕ないのでボタンでよかったです。
Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク