招き猫Bag

IMGP2362_convert_20130127160634.jpg

制作・Maさん 指導・セーラクラフト

生徒さんがご主人のために制作した
藍染の斜めがけバッグです。


IMGP2365_convert_20130127160716.jpg

蓋を開けても招き猫。

IMGP2367_convert_20130127160747.jpg

後ろ姿の招き猫。

円形Boxいっぱい

IMGP2349_convert_20130121160404.jpg

制作・Nさん 指導・セーラクラフト

あっという間にこんなに沢山作ってきて
くださいました!
いつも精力的でひとつお教えすると
次のレッスンではバージョン違いを
制作してきてくださいます。



IMGP2358_convert_20130121160450.jpg

IMGP2359_convert_20130121160528.jpg

中布も可愛い!

給食袋2

IMGP2341_convert_20130117165616.jpg

制作・Naさん デザイン・セーラクラフト

以前ご紹介した歯ブラシ・コップ・タオルを
入れるための給食袋の2枚目です。


IMGP2344_convert_20130117165722.jpg

IMGP2346_convert_20130117165807.jpg

「まち」は脇縫いと一緒に縫える「簡単まち」です。

ミニチュア制服フォトフレーム

May1937.jpg

息子の高校のバザー用に制作。
本物の制服でミニチュア制服を作り
ミニチュアスクールバックと教科書と共に
木工&カルトナージュの手作りフォトフレームに
貼り付けました。


May1938.jpg

こちらは女子用です。
フレームの中のベアにも同じ制服を着せました。

パッチワーク ソーイングBox

IMGP2274_convert_20130112173214.jpg

制作・Tさん 指導・セーラクラフト

生徒さんの希望で「パッチワーク教室 No.94」
P13掲載 渡辺美江子さんデザインの作品を元に
制作しました。


IMGP2427_convert_20130202172209.jpg

小学生時代の裁縫箱がそのまま入り
さらにスペースがあるので
糸などがたっぷり入ります。
蓋の裏にはゴム入りポケットを付けました。

和風Bag

IMGP2337_convert_20130109141846.jpg

制作・Mさん デザイン・セーラクラフト

縮緬の風呂敷(花柄)と着物地(グレー)
紺のコットン地で制作。


IMGP2338_convert_20130109142008.jpg

口部分の布はあえて裏を表にしたので
同じ生地の縦のピースと違いが出て
良い効果を出しています。




IMGP2335_convert_20130109141936.jpg

裏側。

IMGP2339_convert_20130109142039.jpg

実はこのパターンは「エイトポイントスター」
なのですが、間違えて上下が逆さになって
しまいました。
作り直してもらおうとも思いましたが
良く見るとなかなか良い感じなので
このままにしました。

くまのブックカバー

IMG_3782+縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20130106161517

制作/デザイン・Yちゃん 指導・セーラクラフト

生徒さんの小学生の娘さんが学校の課題として制作。
くまもお花もYちゃん自身でデザインして
制作しました。



IMG_3783+縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20130106161604

中側に平ゴムを付けてあるので
どんな厚さの本にも対応します。

Yちゃんがまだお母さんのお腹にいる頃
お母さんがYちゃんのためにベビーキルトを
作っていたのが、つい昨日の事の様に思えるのですが、
Yちゃんはもうこんなに可愛く上手にできる歳に
なったんですね。

「The Little House」ミニキルト

IMGP2311_convert_20130104171116.jpg

昨年6月「大草原の小さな家 ローラの故郷」へ
行った時の思い出をミニキルトにしました。

メインはローラミュージアムに展示してあった
母さんが作ったと言われる「スターのキルト」と
ローラの娘ローズが作ったと言われる
「赤と白のキルト」を星条旗に見立て
その中にログハウスを入れました。




IMGP2316_convert_20130104171205.jpg

上部分は「ローラの出発点・大きな森」を表現。
最初は森をアップリケにしようと思いましたが
ちょっと古臭い感じになりそうだったので
布用スタンプで「The big woods」と
文字で表現しました。

そして青い空が「大きな森」から「大草原」に
続くのをイメージしてブル-の布をチョイス。




IMGP2317_convert_20130104171244.jpg

下部は「プラムクリーク」の川の流れを表現。

このキルトで実際に見てきた「ローラの世界」を
表現しました。
25cm角の小さなキルトに私の「ローラへの思い」が
思いっきり詰まっています。




IMGP2307_convert_20130104170951.jpg

このキルトは、昨年12月22日に発売された
「パッチワーク通信」に掲載されています。


IMGP2309_convert_20130104171035.jpg

和風Box

P1000214_convert_20130103132954.jpg

制作・Yさん デザイン・セーラクラフト

前回の「鶴のビーズ刺繍Box」の副産物。
カルトナージュで一番難しいのが
本体に蓋を上から被せるタイプの
本体と蓋のサイズ。
大きすぎず小さすぎず
ぴったりサイズにしたいのですが
布の厚さにより比率が変わるので
初めての布の時は、
つい大きく制作してしまいます。
蓋がきつくなるのが怖くて…

その結果、やはり多少、蓋が大きく
なってしまいました!
で、中箱を作り直して残った本体を使って制作。


P1000213_convert_20130103133112.jpg

蓋にはキルト綿を3枚重ねにして
Yさんのお母さんの着物を被せて制作。
着物、ビロード地共にぎりぎりで使い切り、
「鶴Box」とペアの箱が完成しました。

鶴のビーズ刺繍カルトナージュ

IMGP1726_convert_20130102153224.jpg

制作・Yさん 指導・セーラクラフト

生徒さんがお正月用に箸などを
入れる箱として制作。


IMGP1727_convert_20130102153049.jpg

この鶴のビーズ刺繍は生徒さんが
学生時代に課題として制作したそうです。
黒ビロードの生地に金と銀のビーズが
刺繍されています。
学生時代に制作されたとは思えない程
綺麗に刺されています。

同じビロード生地も残っていたので
全体も黒のビロードを使いました。


IMGP1730_convert_20130102153133.jpg

中貼りはYさんのお母さんの古い着物。
可愛い柄なので、きっと娘時代の物でしょう。
表も中もとても素敵にマッチしています。

それにしてもお母さんの物持ちの良さに感服。
娘であるYさんは幸せですね。
お母さんもこの箱を見て
喜んでくださったと思います。
今頃この箱はお母さんとご家族と共に
活躍しているでしょうね。

お正月タペストリー

IMGP0717_convert_20130101173207.jpg

制作・Hさん デザイン・セーラクラフト

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今回は和風なので、和布を多用したかったのですが
お持ちの布で制作されたいとの事でしたので
洋生地もかなり多用しました。

時間をかけて布選びをした結果
全体が和風にまとまりました。


IMGP0720_convert_20130101173300.jpg
Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク