すみれソーイングケース

IMGP2043_convert_20130228174654.jpg

「パッチワーク通信4月号」掲載作品。
ピンクモアレ地にすみれのアップリケ。



IMGP2048_convert_20130228174743.jpg

後ろ側。


IMGP2056_convert_20130228174833.jpg

両側にポケット。はさみや糸巻の収納場所も。
「パッチワーク通信4月号」には
カラー写真で作り方が掲載されています。

マザーグースBookカバー

IMGP2405_convert_20130226181213.jpg

新書用のブックカバーです。(開いた所)


IMGP2404_convert_20130226181115.jpg

本の厚さに合わせ調節できます。


IMGP2417_convert_20130226181300.jpg

内布は表と同じシリーズです。


IMGP2413_convert_20130226181353.jpg

「バラの花輪を回ろうよ」


IMGP2410_convert_20130226181429.jpg


IMGP2411_convert_20130226181505.jpg

内布は「リトル・ボー・ピープちゃん」

マザーグースペンケース

IMGP2399_convert_20130226180917.jpg

前々回に引き続き、マザーグース学会の
オークション用の作品です。

中にキルト綿の入ったふかふかのペンケース。



IMGP2398_convert_20130226180842.jpg

こちらは裏側。


IMGP2400_convert_20130226182603.jpg

ハンプティ・ダンプティ


IMGP2402_convert_20130226180947.jpg

口部分は「ジャック&ジル」バケツもあります。


IMGP2401_convert_20130226181039.jpg

ファスナーの尻尾にも「ジャック&ジル」

「パッチワーク通信」すみれ小物

IMGP2535_convert_20130222161905.jpg

2/22本日発売の「パッチワーク通信」に
すみれ小物の作品6点が掲載されました。
本屋さんに寄った際には、手に取ってご覧ください。


IMGP2537_convert_20130222162006.jpg

IMGP2544_convert_20130222162215.jpg

IMGP2545_convert_20130222162329.jpg

マザーグスのペットボトルケース

IMGP2389_convert_20130221175507.jpg

マザーグス学会のオークションのために
制作した作品です。

メンバーの方要望の冬用ペットボトルケースです。
夏用は中袋がビニールコーティングで
水滴が外に漏れないようになっているのですが、
冬用は保温出来る様に中袋をキルト地で
作りました。



IMGP2388_convert_20130221175437.jpg

こちらは「アップルパイ」の唄。


IMGP2384_convert_20130221175241.jpg

IMGP2385_convert_20130221175323.jpg

「猫とバイオリン」


IMGP2387_convert_20130221175400.jpg

夏用は蓋は外に出たデザインで
そのまま飲めるのですが、
冬用は保温制を考え、全て中に入るデザインに。



IMGP2390_convert_20130221175614.jpg

持ち手の根本には「リトル・ボー・ピープちゃん」

マザーグスグッズ

IMGP2397_convert_20130220170741.jpg

マザーグース学会のメンバーで
台湾からの留学生の方が
この春、卒業されてお国に帰られるので
餞別として制作しました。

たっぷり入るペンケースで
外側は普通のマザーグースプリント地に
クリアシート(薄地透明テーブルクロス)を被せ、
中袋はビニールコーティング地にしたので
汚れ防止になります。



IMGP2395_convert_20130220170707.jpg

裏側



IMGP2371_convert_20130220170541.jpg

こちらはペットボトルケース。


IMGP2372_convert_20130220170509.jpg

大学院では「擬人化」についての研究を
されていたそうで、お気に入りは当然、「お皿とスプーン」




IMGP2382_convert_20130220170611.jpg

紐の先端にはマザーグースの
「ジル」と「バンベリークロス」

サンプラーキルト(T)

IMGP2523_convert_20130216174247.jpg

制作・Tさん 指導・セーラクラフト

長く通って下さっている生徒さんなのですが、
お好きな小物作りの手を休めて、
今回サンプラーキルトを初めて
作っていただきました。



IMGP2528_convert_20130216174329.jpg

やさしい色合いがお好きで
ご自身を表現した様な可愛いキルトです。



IMGP2526_convert_20130216174403.jpg

裏もラブリーでキルティングも綺麗です。

刺繍ソーイングBOX

IMGP2457_convert_20130212165647.jpg

制作・Kさん 指導・セーラクラフト

刺繍の上手な生徒さんで
ご自宅で練習用に制作した刺繍を
利用して作りました。
刺繍に合わせピースワークも
バラと葉のイメージでデザインしてみました。



IMGP2460_convert_20130212165739.jpg

後ろはピースワークとレースで。


IMGP2471_convert_20130212165923.jpg

持ち手にもレースとボタン。


IMGP2465_convert_20130212165826.jpg

中には大きなポケット。


IMGP2470_convert_20130212170133.jpg

ハーダンガー刺繍のピンクッション。
本体とケースにマジックテープが付いているので
取り外しができます。



IMGP2473_convert_20130212170027.jpg

ローズ刺繍もとってもきれい。
Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク