ハンプティダンプティのパスケース

IMGP9696_convert_20150828174949.jpg

ハンプティダンプティ型のパスケース
パスモなどを入れて、鞄の持ち手などに下げると
改札を通る時に便利です。

でも・・・ちょっと手足が長過ぎたかな?
なんだか昆虫の様に見えなくもないなぁ。
次回は少し短くしよう。




IMGP9699_convert_20150828174918.jpg
IMGP9693_convert_20150828175207.jpg

ボディも内袋も勿論ハンプティダンプティ柄です。

アンBagのカスタマイズ

IMGP9687_convert_20150823133451.jpg
after

IMGP9644_convert_20150815144526.jpg
before

先日「THE世界名作劇場展」で買った
「赤毛のアン」のトートバッグを、
自分用にカスタマイズしました。
まずは持ち手。
私はなで肩のため、ショルダーの紐が落ちて使い難いので
持ち手を短くして、腕に下げた時に良い長さにしました。




IMGP9653_convert_20150823131931.jpg
IMGP9655_convert_20150823132012.jpg

モノクロのアンの赤毛と葉を刺繍で埋め、
帽子の花々をモチーフ編みで立体的に。
モノクロの雰囲気を壊さない様、派手な色は避けました。




IMGP9674_convert_20150823132251.jpg

以前からコレクションしていたアン・プリント地で
中袋を制作。




IMGP9663_convert_20150823132048.jpg
IMGP9668_convert_20150823132125.jpg

バッグの後ろ側にも、
別のアン・プリントの1柄を切り取りアップリケ。

マシューとマリラの両親はスコットランド出身なので
アニメの中でスコットランド風の音楽が流れます。
それをイメージしてタータンチェックのリボンを
何ヶ所かに配しました。




IMGP9672_convert_20150823132208.jpg

バッグに合わせ、小さなポーチも制作。



IMGP9678_convert_20150823132331.jpg
IMGP9681_convert_20150823132412.jpg

アンとダイアナ



IMGP9684_convert_20150823132443.jpg

内側の布は、
アニメのグリーンゲイブルズの中の壁紙柄です。

世界名作劇場展

IMGP9626_convert_20150815144207.jpg

行ってきました!世界名作劇場展!
お盆に入りかけの日でしたが、混雑を避け
夕方を狙って出かけたせいか空いていて一安心。
ゆったりと堪能してきました。

この展示の図録とラスカル型の入場券。
図録は40周年記念に相応しい、しっかりとした作りです。

会場内には、制作裏を覗ける沢山の秘蔵資料!
キャラクター設定から美術設定、セル画、背景画、
構成や脚本、歌詞や楽譜まで…
全て各クリエーターの自筆の物です。
宮崎駿自筆の「赤毛のアン」レイアウトも必見です。

実際に使われた背景画は繊細に描き込まれていて
絵画レベル。私のお気に入りは井岡雅宏さん。

そして、鉛筆1本で描かれた設定書が
それに負けず劣らず美しい!
黄ばんだ紙の上の鉛筆の線が
活き活きと現実の人間の様に動き周っています!
今まで同じ物を本の中で何度か見ましたが
やはり、実物は迫力が違います。
線の動きは実物でないと感じられません。

会場に流れる主題歌を聞きながら
素晴らしい作品を鑑賞していると心を揺さぶられ
思わず涙がこぼれそうになり、
慌ててぐっと堪えました。




IMGP9624_convert_20150815144122.jpg

悲鳴が出そうなほど盛り沢山のグッズショップ。
大人受けするデザインの物が多くて、ほしい物だらけ!
またまた、大人買いしてしまいました。




IMGP9628_convert_20150815144243.jpg

宮崎駿のレイアウト画をモチーフにした「アン」のノート。
ページが方眼になっているので、
編み図などのレシピの書き込み用に購入。
お気に入り作品を書き込み、
私の永久保存版にしたい!




IMGP9633_convert_20150815144325.jpg

A4クリアファイル。
どれにしようか迷うほど色々な種類がありましたが
アンとダイアナが海辺で遊ぶ夏休み柄のこれに決定。




IMGP9635_convert_20150815144603.jpg

ポストカード3枚。
井岡雅宏の背景画と宮崎駿のレイアウト。
もっと欲しかったのですが、ちょっと自重。

TVを見ていてもいつも思うのですが…
井岡さんの描いたプリンスエドワード島の赤い道…
(左上のポストカード参照)
馬車が通ると馬の足で道の真ん中の草は、
無くなるのではないかしら?
自動車なら、井岡さんの描く道で良いと思うけど…?




IMGP9644_convert_20150815144526.jpg

帆布のトートバッグ。
「宮崎駿のレイアウトモチーフ」のこのバッグを見た瞬間、
あるアイデアが浮かびました!後日、実行してみます。




IMGP9641_convert_20150815144444.jpg

トートバッグに付いていた缶バッジ。

今回も良く観て!良く買った!これを無駄にせず、
明日からの制作活動に活かすべく頑張ろ~と思う。

付け襟風マフラー

IMGP9619_convert_20150813152245.jpg

暑さ真っ最中の今ですが・・・
おばあちゃま生徒さんから
「この秋寒い国へご家族で転勤する
お孫さんに何か編んであげたい!」とのご要望があり、
「付け襟風マフラー」をご紹介しました。
紐を結んで止めるので、
普通のマフラーの様に落ちてくる事がないし
見た目にもアクセサリーの様にワンポイントになります。
大人用を作る方もいらっしゃいます。
大人用でも1玉で短時間で制作出来るのでお勧めです。

サンプラーキルト

IMG_6783_convert_20150809152954.jpg

制作・Oさん  指導・セーラクラフト

ベッドカバーサイズのサンプラーキルト。
こつこつと仕上げて下さいました。




IMG_6786_convert_20150809153228.jpg

初めてピースワークされた「エイトポイントスター」
Oさんにとって一番思い入れがあるそうです。
左端には恒例の「あの子」が覗いています。




IMG_6787_convert_20150809153414.jpg

苦労されたという「ワインディングウエイ」
確かにこのパターンはカーブもあるし
4枚のピ-スの中心を合わせるのが多少厄介です。
でも苦労の甲斐あって、綺麗に仕上がりました。

Oさんの色のセンスは個性的です。
ビビットな色使いが大胆で魅力的。
私とは違うセンスなので、私にとっても勉強になりました。
ありがとう!

世界名作劇場 祝!40周年

IMGP9605_convert_20150805162236.jpg

今年、日本アニメーション
「世界名作劇場」が40周年を迎えました。
それに伴い数冊の関連本が出版されています。

前回の「世界名作劇場への旅」に続き
出来立てほやほやの2冊購入しました。




IMGP9608_convert_20150805162310.jpg

まずは、「MOE」
「世界名作劇場と赤毛のアン」と題して、特集されました。
「MOE」を買うのは久々です。
昔はよく好きな特集が出ると買っていましたが、
積読状態の本が増えた最近は、自重していました。
でも、「世界名作劇場と赤毛のアン」と見たら
買わずにはいられない・・・
私の「赤毛のアン像」は
世界名作劇場のアニメのアンですから・・・




IMGP0479+(4)_convert_20150805164515.jpg

以前ご紹介した「赤毛のアン」キルトのモデルも
「世界名作劇場のアン」です。
お一人だけそれを見抜いた方がいらっしゃいました!




IMGP9611_convert_20150805162345.jpg

もう1冊は「ぴあ」が出版した「世界名作劇場ぴあ」
丸々1冊「世界名作劇場」のムック本です。
「MOE」とどこが違うの?とも思いますが、
これからゆっくり、積読しないように
違いを感じながら実読してみます。

所で「世界名作劇場」の中に
「ハイジ」は含まれていません。
「ハイジ」はズイヨーが制作したアニメで
「世界名作劇場」とは日本アニメーションが
制作した物だけだからです。
それから日本アニメーションが制作したアニメ
「草原の少女ローラ」(知る人ぞ知る?)も
放映タイムが違うので、別枠になっています。
「世界名作劇場」枠で放映されていれば、
もっと話題になっただろうなぁ~
「アルプスの少女ハイジ」と「草原の少女ローラ」が
「世界名作劇場」枠に入っていない事を残念に思います。

池袋東武百貨店で「THE 世界名作劇場展」開催中です。
暑くて出不精になっていますが、行く予定です。
グッズ買っちゃいそうで怖いですが・・・

ティシュBoxカバー

IMGP9579_convert_20150802150936.jpg

IMGP9577_convert_20150802151037.jpg

おばあちゃま方のための次の作品は
コットンヤーンで編んだティシュBoxカバー。
パステルカラーでラブリーに。




IMGP9581_convert_20150802151451.jpg

花モチーフの花芯は盛り上がる様に長編みにしました。
Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク