ローラの針仕事紀行 part21

第18日目 6月25日 (土) その1
コンコードでの宿は町中のロータリー前にあり、
1716年に建てられた建物を利用したコロニアル・イン。


P6258947_convert_20160914183120.jpg

P6269540_convert_20160912174020.jpg



私の部屋の天井にはこげ茶の梁が何本もわたり
飴色になった床が経年のため、大きくカーブしている。


P6258865_convert_20160914181319.jpg

P6258866_convert_20160914182251.jpg



ドアの取っ手などの金具も昔のままで
それとは別に今風のしっかりした鍵も付いている。


P6258873_convert_20160914180237.jpg

P6258857_convert_20160914180850.jpg



古い家を極力そのまま残し、現代でも使い易く、
かつ古い部分と違和感ない様に上手く、手を加えている。
オールドスターブリッジのホテルと同じだが、
あちらは床を白くペイントしてあるので
こちらの方が暗く感じる。
その分、昔からの住人がいる感が強い。
おまけに馬に乗り、狩りをしている男性の絵が
壁にかかっている・・・古い家の絵画はなかなか恐怖だ。

私の部屋は4号室なのだが、
実はこのホテルの24号室には幽霊がでるそうだ。
戦争中に、死体置き場として使用していた部屋で
宿泊者が何回か見ているそうだ。
そのため「24号室以外で」と予約した。

古い物好きなのでとても満足しているのだが、やはり怖い!
住人の方に2日間、間借りする事をお願いした。

ローラの針仕事紀行 part20

第17日目 6月24日 (金)
オールドスターブリッジを出発しコンコードへ。
シスターLは相変わらず方向指示器のつもりで
ワイパーを動かすし、
隣のナビ役の私は右に車線変更で
後車との車間距離がつかめずだったが
なんとかコンコードに入った。
道なりに行くと、待望のオーチャードハウスの前に出た。
オーチャードハウスは『若草物語』の作者
ルイザ・メイ・オルコットと家族の家である。
ルイザは4人姉妹の次女で、
自分の家族をモデルに『若草物語』を書いた。
ルイザは勿論、ジョオに自分を投影している。


P6258605_convert_20160912164835.jpg

P6258610_convert_20160912165215.jpg

P6258620_convert_20160912165450.jpg



そのまま家の見学をしたかったのだが
シスターLは先に昼食を取りたいと言うので、
町の中心に向かった。
思いの他、観光客が大勢いて車の往来も激しい町だ。
昼食を取ったレストランも、外見は良さそうだったのに
中は騒がしく、落ち着かなかった。


P6258784_convert_20160912170559.jpg



その後、ホテルにチェックインするつもりで、
すぐ側にあるホテルに向かったのだが、
ロータリーで曲がり方を間違えてしまった。
やはり海外の交通ルールはややこしい。
車が多いので引き返す事も出来ずそのまま進むと
コンコードの町を出てしまった。
私は少し不安になったが、シスターLが機転を利かし
『ウォールデン森の生活』の舞台、ソローの住んだ、
ウォールデン湖に向かう事にした。



P6258707_convert_20160912170930.jpg

P6258708_convert_20160912171519.jpg

ソローの小屋跡



P6258716_convert_20160912172006.jpg

ソローも見たであろう小屋からの景色



P6258697_convert_20160912170220.jpg

森から見たウォールデン湖



P6258733_convert_20160912172256.jpg

駐車場の側に再現されたソローの小屋



P6258729_convert_20160912172524.jpg

小屋の側に建てられたソローの銅像



その後、ホテルに戻りようやくチェックイン出来た。
夕食は町のレストランでロブスター入りマカロニチーズ。
メニューに【MAC】とあり、何かと尋ねると
マカロニチーズの事だと言う。 また一つ勉強になった。
私好みの味で美味しかったが、量が多く完食できず残念。
せめてロブスターだけでも掘り出して完食したかったのだが
シスターLの前では恥ずかしく、諦めた。
そのままホテルに帰ると思いきや、
シスターLが今日の内に、
オルコットのお墓参りをしようと言う。
ロータリー近くの墓地かと思い、探したが見つからず、
人に聞くとここではなく、歩いて10分ほどの
スリーピー・ホロー墓地だと言う。
まだ明るいが時刻は夜の8時半、
9時には暗くなるので足早に歩く。
暗くなっての墓地歩きは、幽霊も生きた人間も怖い!
おまけにホテルに帰るつもりで、
食後トイレに行かなかったのでトイレに行きたい!!
墓地に着いても、オルコットのお墓探しで
刻々と日が暮れて行く。
ようやく鉛筆などが沢山供えられた
オルコットのお墓をみつけた。
その隣には、ソローのお墓もあった。
ソローはオルコット一家の友人である。


P6258796_convert_20160912173045.jpg

町中のロータリーからみえるお墓
(ここはオルコットのお墓ではない)




P6258825_convert_20160912173348.jpg


P6258817_convert_20160912173620.jpg

オルコットのお墓



無事ホテルに戻り、一目散にトイレに飛び込んだ。
ホッとして思わずため息を漏らしたら
隣に入っていたシスターLに笑われた。



Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク