ローラの針仕事紀行 part5

第2日目 6月9日(木)
朝から散策予定だったがまさかの雨。
しかし、今しか時間がないので
バーブがくれたポンチョをまとい、いざ決行。
このポンチョ、ごく薄い長方形のビニールに
フードと両手を出す穴が開いているだけの物だが
バッグまですっぽり入るし、軽いので持ち運びも楽だ。

この町を訪れるのは4度目だが、
毎回時間が無く、町散策をした事はない。
今回もタイトスケジュールだが、
町中に宿を取った事で散策が可能になった。


P6090376_convert_20160707025708.jpg

P6090390_convert_20160706191205.jpg



町中のレストランで朝食。
念願のルバーブパイと、
ローラ旅には欠かせないレモネード。
前回は8月でルバーブの時期ではなく、
残念ながら食べられなかったので
今回こそはとバーブに頼んでおいた。
このレストランでは曜日によって作るパイが違うそうで
本当は今日はルバーブパイの日ではないそうだが、
特別に替えてくれたそうだ。感謝。
サワーテイストのパイで、
デイビットのお勧めでアイスもチョイス。


P6090480_convert_20160706191923.jpg



食べ終わる頃には、雨は上がり青空が。
日本と違い一日中しとしと雨と言う事がないから
ここの天気が好きだ。

ぺピンの町から大きな森に向かう途中に、
母さんの姉マーサと
ローラとメアリーが初めて通った学校の教師
アナ・バリーのお墓のある
オークウッドセメタリー(Oakwood Cemetery)で
2人のお墓まいりをする。
毎回この前を通る度に後ろ髪を引かれたまま
通り過ぎたので、今回こそは…と
ツアーに組み込んで貰った。
実はこのツアーはシスターLと私とで
バーブに組んでもらったプライベートツアーなのだ。



マーサの墓標


P6090491_convert_20160707022548.jpg



アナ・バリーの墓標

P6090487_convert_20160706193114.jpg



大きな森の小さな家

P6090534_convert_20160706193604.jpg



ぺピン湖畔に建つアナ・バリーの家

P6090541+(2)_convert_20160706194252.jpg



雨が上がり、青空の下の博物館内にて
(Pepin Historial Museum)
ローズが祖母(ローラの母さん)に習って編んだドイリーと
ローラの2枚のキルトを詳しく調査させてもらう。感謝。
1時間しか無いので、気持ちがばかり焦り
汗だくになる。プレッシャーに弱いたちだ。

P6100542_convert_20160707082538.jpg

P6100658_convert_20160707071312.jpg



何とか5分前に終了し、
他の展示を見るのは諦め、ショッピング。
以前からチェックしていたローラの書簡について書かれた
ウィリアム・アンダーソンの新書と、
ローラがいた頃のぺピンの町についての本。


P7071213_convert_20160707073824.jpg



時間が無いので急いで選んだ、
ローラの時代の料理本とCD付ミュージカル本。
料理する事はあまり好きでは無いが
19世紀の食に関する本が好きだ。


P7071215_convert_20160707073130.jpg

調査させていただいたので
寄付をしたいと申し出たら、用紙を渡された。
時間が無いので、よくわからないまま記入したが、
ブロックか何かに名前が記されるらしい。



ウィスコンシン州ぺピンから
アイオワ州バーオークに向かう。
マスターズホテル見学の前に
ローラの手刺繍によるキッチンクロスを
特別に間近で見せていただく。
ありがとうございました

P6100733_convert_20160707154004.jpg

P6101043+(2)_convert_20160707162650.jpg



ホテル内には
ローラの眼鏡やクロシェの糸や針の他、
以前は無かったローラの作りかけのピースワークや
ハンカチが展示してある。
ピースワークは角がきっちりあっていない個所があり
ローラらしさを感じ、興味深い。


P6100780_convert_20160707163326.jpg

P6100769_convert_20160707153119.jpg

P6100768+(2)_convert_20160707152445.jpg



地下キッチンの奥、
インガルス一家6人が寝泊まりした部屋。
日本の4.5畳くらいだろうか?とても狭い。


P6100951_convert_20160707155156.jpg



出来ればこの町も散策したかったが
スケジュールの都合上断念。


P6101036_convert_20160707162136.jpg

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク