ローラの針仕事紀行 part6

第3日目 6月10日(金)
アイオワ州スプリングバレーに向かう。
ローラとアルマンゾのデスメットの家が
火事で焼けてしまった後、
ここスプリングバレーのアルマンゾの実家に
家族3人で1年間滞在した。
今は農家は無いが、納屋とワイルダー一家が
尽力した教会が残されている。

まずは教会の前にある
ワッシュバーン・ゼットマンハウス見学。
ふたりの人物の名前とのことだが
邸内の針仕事作品の写真を撮るのに
気を取られ、説明を聞きのがした。


P6101391+(2)_convert_20160708023946.jpg

P6101064_convert_20160708033309.jpg

P6101109_convert_20160708022842.jpg



次は教会見学だが、
疲れとお御堂内の暑さで、少々貧血気味。
2度目の訪問でもあるので説明は聞かず
倒れる前に…と椅子に座らせていただき
シスターLに借りた扇子で扇いでいたら
何とか元気回復してきた。
一人でそろそろ見学していると
ローズの文書が載っている
サタデーイヴニングポスト誌を発見。
サタデーイヴニングポストと言ったら
ノーマンロックウェルの表紙絵!
私の大好きな人たちがコラボしていたとは!


P6101394_convert_20160708033936.jpg

P6101395_convert_20160708024618.jpg



ローラの手描き書簡が1枚展示してある。
ローラの書く字は綺麗だ。ただ筆記体は正直読みにくい。


P6111477_convert_20160708025601.jpg



ミネソタ州フォレストビルに移動し
森の中でピクニックランチ…だが
本当は外での食事が苦手だ。
ベンチは埃だらけだし、虫はいるし…
子供の頃はそんな事は無かったのだが
大人になって気が付くと虫嫌いになっていた。
昔、憧れてたログキャビン暮らし。
今はもう無理だ…

その近くにはヒストリック・フォレストビルという
アメリカ版・京都太秦映画村がある。
歴史村としてはとても小さい。
1899年の村を再現しているが、
太秦映画村の様にそれ風の建物を
新たに作っているわけではなく
本物の古い建物を使用しているのが素晴らしい。
そして歴史村内ではスタッフが当時の衣装を着て
それぞれの役になりきっている。
でもある農夫役男性と話していると
「僕も日本に行ったことあるよ!
別のキャラクターの時にね。」と
ちらほら過去と現代が交差するのが面白い。


P6111493+(2)_convert_20160708031634.jpg

P6111495_convert_20160708030924.jpg

P6111500_convert_20160708032410.jpg



私が手作りのエプロンドレスを着ていたら
役名メアリーさんから、コルセットはしているの?
と聞かれた。してないけど、してみたい!と答えると
体験させてくれた。
後の紐をきゅーっと思い切り締めてもらって
クッ!苦しい~と言うのを体験したかったのだが、
アメリカ人サイズなので、全然苦しくない。
それに通常はバストをコルセットで上に押し上げ
谷間が出来るのだが、この貧乳では…


P6111646_convert_20160708040312.jpg



ここで不思議な偶然が。
聞けば役名メアリーさんの息子さんが
スプリングバレーの教会で働いていると言う。
午前中に私たちは彼と会っていたのだ!
It's a small world !




ハーモニーのアーミッシュカントリーサイドへ移動。
CDと地図をもらい、それに従いバンに乗って
各アーミッシュの家を訪れる。
各敷地内に母屋や納屋とは別に小さな店舗を
持っていて手作り作品を売っている。
手芸品、籠製品、木工家具、ケーキやパンなど、
アーミッシュにとってこの収入が家計の大部分を
占めていると以前聞いた事がある。
中には裏に作者の名前や歳が書いてあり
子供達の作品もかなりあった。
買い物をしていると、お父さんと息子達が
ワゴンいっぱいに麦わらを乗せて
馬達を御して帰って来た。
間近で見られたので、迫力の大きさだ。
一瞬、ローラの世界へタイムスリップした。
それにしても、アーミッシュの子供達は
なんて働き者なのだろう。
それにとてもシャイだ。


P6111668_convert_20160708045335.jpg

P6111667_convert_20160708044621.jpg

鮮やかで手法も面白いアーミッシュのマット。
お許しを得て撮影させてもらう。




P6111686_convert_20160708045646.jpg

アーミッシュ製ルバーブ・ドリーム・ケーキ。
とても素朴な味。食べ始めてから
写真撮影を思い出したので、かけらになってしまった。




P6111673_convert_20160708050833.jpg

町に戻って夕食。
ここのルバーブパイはチェリー・ルバーブパイ。
温めたパイにアイスクリームがとても美味しい。
一番のお気に入りだった。


P6111684_convert_20160708050320.jpg



その後ホテルに着き
ホテル前の1ダラーショップに行ったが
その際にケータイを落としたらしい!!!

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク