ローラの針仕事紀行 part11

第8日目 6月15日 (水)
今日はキャリーが結婚後に通った教会と
隣にあるキーストン・ヒストリカル・ミュージアム見学。
(Keystone Historical Museum)

P6164126_convert_20160716152856.jpg



ここにはキャリーの沢山のアクセサリーや、
実際に着た黒いビーズ飾りがついた服、
メアリーが作ったビーズ細工、
そして、母さんの陶器の羊飼いの娘が所蔵されている。
ただ、本の描写とは少し違う装いで、思ったより小さい。

P6153821_convert_20160713102004.jpg

P6153823_convert_20160716152550.jpg

リトル・ハウス・クラブのメンバーであり、
2冊のローラ本も出している服部奈美さんのHPに
「羊飼いの人形」について詳しく書かれています。

https://sites.google.com/site/almanzolaura/shepherdess



前もって、針仕事作品を詳しく見せてほしいと
お願いしておいたので、
スタッフの方達は一つ一つショウーケースから出して
良く見せて下さった。感謝。

この後、キーストーン・セメタリー(Keystone Cemetey)で
キャリーの夫デイビッドと

P6164228_convert_20160716154818.jpg



義理の息子ハロルドのお墓参り。
キャリーは血の繋がらないハロルドを可愛がったそうだが
彼は33歳で自動車事故で無くなったそうだ。

P6164227_convert_20160716154507.jpg



ここにはデイビッドの前妻エリザベスも眠っている。

P6164226_convert_20160716154238.jpg

そのためかキャリーはデスメットのインガルスの墓に
埋葬されている。

キーストーンは金をはじめ
沢山の鉱石が採掘されるとの事。
墓地内に無数に落ちている石の中にも
ガーネット、トルマリン、クォーツ、ピンククォーツなど
小さな鉱石を見つける事が出来る。



午後からはローラもキャリーの家へ遊びに行く時に
乗ったと言う、汽車に乗る。
キーストーンからブラックヒルズに向かい
再びキーストーンへ向かうだけだが
昔のままの客車に揺られ、
足を向かいの席に投げ出して、
ゆったりと車窓を楽しんだ。

P6164439_convert_20160716155147.jpg

P6164444_convert_20160716155457.jpg

P6164479_convert_20160716155915.jpg



夕方からラッシュモア山に向かい
有名な4人の大統領の顔を見た。
正直な所、有名観光地には一切興味がないのだが、
このラッシュモアと言う名前は、キャリーの夫デイビッドが
ラッシュモアと言う人を案内している時、
山の名前を尋ねられ、即興でその人の名前を
山の名前として教えた所、
その名前が定着してしまったそうなので、
まんざら、ローラに関係ないとは言えない。

夕食後、シスターLが
古い町並みが残っている場所があるので
行ってみようと誘ってくれた。
本当は疲れていたし、日暮も近く怖いので
気が進まなかったが、キャリーが生前通った店も
近くにあるので、行く事に決めた。

P6164199_convert_20160716153742.jpg



昼間ミュージアムで、ガイドさんの知り合いだと言う
個性的なバイクに乗った男性を紹介されたのだが、
散策中写真を撮っていると、その彼と再び遭遇した。
バイクだけではなく、彼自身が個性的な出で立ちで
一度会ったら忘れられないキャラなのだが
話を聞くと目の前の店が彼の店で
オリジナルのTシャツ等を制作販売しているとの事。
私もデザイナーだと言うと喜んで
店の奥を見せてくれた。Tシャッのプリント機械や
アンテークミシンなどマニアックな物で溢れている。
1枚革を掘って凹凸を付け、着色した作品も多数あり
才能豊かな片鱗を見せてくれた。

P6164144_convert_20160716153128.jpg

P6164569_convert_20160716160152.jpg



後で聞いた話だが
私はミュージアムのガイドさんの知り合いだから…と
気を許していたのだが、
シスターLは万が一の事を想定して
もしも襲われた時はどうやって
店の奥から逃げるかを考えていたそうだ。
それを聞いて自分の無防備な行動を反省。
でも幸いな事に、結果オーライでこのエピソードも
2人の笑い話となった。

私は暗くなったら外出しないなど通常は用心深いのだが、
いざとなると、火事場の馬鹿力じゃないが
開き直り、何でもできちゃうタイプだが、
彼女は小さな事には動じないが、ここしか無い!という時に
最後の1歩が踏み出せないタイプ。
似ている部分と微妙に違う部分があり、
違う国に生まれた2人だが、
ローラが私達を繋いでくれた事が嬉しい。

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク