ローラの針仕事紀行 part15

第12日目 6月19日(日)
今日はマンスフィールドのロッキーリッジファーム観光。
ローラの終の棲家なので
ローラの沢山の針仕事作品が所蔵されている。
その上、今年の春に博物館が新築された。

P6206113_convert_20160726163535.jpg

しかし今日は日曜日でオープン時間が12時30分から。
日本なら、かき入れ時の日曜は
普段より早くオープンするのが常。
日曜を安息日にしているキリスト教と
そうではない仏教の違いだろう。

オープン時間まで、マンスフィールド散策。


ローラとアルマンゾの墓

P6196043_convert_20160727160148.jpg



ローズの墓

P6196037_convert_20160724150831.jpg


今回幾つかの墓地を周ったがどの墓地でも
ヘッドストーンの周りにカラフルな造花が飾られ
特に作家の墓には
鉛筆やペン、コインなどが多数供えられていた。
以前は無かったので、最近の流行の様だが、
造花は安っぽいし、コインやペンは乱雑に置かれ
ガチャガチャして見た目が悪く、好きになれない。
もっとも、ガイドのバーブは造花が綺麗だと
言っていたので、感じ方は人それぞれなのかもしれない。

P6206056_convert_20160727155157.jpg



ローラの胸像

P6206378_convert_20160727161931.jpg



ローラが利用した銀行

P6206106+(2)_convert_20160727164105.jpg



ローラが卵を売りに来た店

P6206139_convert_20160727155532.jpg



ローラの名前を配した新と旧の図書館、

P6206145+(2)_convert_20160727153032.jpg

P6206154_convert_20160727152717.jpg



ウォータータワー

P6206195_convert_20160727160425.jpg



その後、昼食のためローカルレストランに入った。

P6206187_convert_20160727154553.jpg

P6206189_convert_20160727175133.jpg


客層は年齢高めのローカルな方々が多い。
そしてなんと言っても、ビュッフェなのが嬉しい。

P6206176_convert_20160727181409.jpg

P6206173_convert_20160727153607.jpg

生野菜、調理野菜、肉類、デザートなど
少量づつ多種の惣菜を食べる事が出来た。
特に気に入ったのは、
かえるの足のフライとオクラのフライ、ポテトサラダなど。
初めてのかえるの足はあっさりしていて美味しかった。
メインを自分に合った量に出来たので
デザートも試す事が出来た。
クリームの上のカラフルな食紅はどうか?と思ったが、
味は甘すぎずとても美味しかった!

P6206170_convert_20160727153314.jpg

食後に店内の写真を撮っていると
ご高齢の女性に話しかけられた。
私の着ているエプロンドレスを可愛いとほめてくれ
昔は皆そんなエプロンをしていたのよ、
と懐かしそうに言っていた。
こんな会話が出来るのもローカルレストランだからこそだ。


ようやく、時間になり
ロッキーリッジファームのミュージアムへ。
まずはローラについての短いフィルムを見た後、展示室へ。
綺麗で見やすく展示されているのだが、
以前より展示物が減っていた。
お目当ての作品のうちの一つが展示されておらず残念。

公の場で詳しく述べる事は避けさせてもらうが
渡米前にこの旅行に関して幾つかのトラブルがあったため
複雑な思いでこのミュージアムに入った。
でも、ここには不思議なローラの力が宿っている様で
素晴らしい2度目の奇跡が起きた!
ここに書き記す事が出来ないのは何とも残念だ。

ミュージアムの後は、
アルマンゾが自ら立てたローラの家内見学。
何度見ても、手作りの暖かさを感じられる可愛い家だ。

P6206217_convert_20160727165536.jpg



続いて、ローズがローラとアルマンゾに
プレゼントしたロックハウス。
こちらはローズが贅を凝らした、当時の最新の作り。
個人的にはアルマンゾの建てた家の方が好きだ。

P6206245_convert_20160727161312.jpg



今宵の宿はタウンスクエアー内に建つ
ウェバーインB&B(Weaver Inn Bsd & Breakfast)。

P6206066_convert_20160724152208.jpg

古い建物だが内装に手を加え
快適な部屋に作り替えてある。
日本の様に丸々内装を変えるのではなく、
必要最小限に留めているので趣が失われていない。
各部屋には「ローラ」「キャロライン」「ローズ」など
キャラクターの名前が付いている。
私の部屋は「ネリー」
どちらかと言うと私はローラと言うより
わがままネリーに近いので、的を得ていると思う。

1階はフロントと朝食やお茶をいただけるカフェに
なっていて、ブリキ細工の天井が昔のままに残されている。

P6206385_convert_20160727164644.jpg



各テーブルの上のドイリーはオーナーが
アンティークショップやガレージショップなどで
買い求めたそうだ。
カップはパイレックスで、
レトロで可愛いパターンがプリントされている。

P6206495_convert_20160727170717.jpg

古い物を活かし、現代の快適さも上手く取り入れていて
オーナーの手腕に感心する。

チェックイン後、
シスターLと Cさんと3人で町散策に出た際に、
通りの外れに個性的な家を見つけた。
誰の家なのか?とても気になっていたのだが、
翌日それはローラやアルマンゾが仲良くしていた
シール夫妻の家だとわかり
この目で見る事が出来た事に大満足。

P6206341_convert_20160727162518.jpg

P6206342_convert_20160727163616.jpg


散歩後に3人で1階のカフェにて
カップケーキでお茶しながらおしゃべりを楽しんだ。
又1人ローラ友達(Cさん)を得た。 


P6206490_convert_20160727170126.jpg

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク