ローラの針仕事紀行 part22

第18日目 6月25日 (土) その2
P6259100_convert_20161019165518.jpg

今朝はまず、コンコード博物館へ。
18~19世紀の生活で使われた物などが展示されている。
写真撮影が許されているのも嬉しい。
昨日訪れたウォールデン湖畔のソローの家で
使われた家具も展示されている。


P6259008_convert_20161019170720.jpg

P6259009_convert_20161019171008.jpg

P6259010_convert_20161019171249.jpg

ソローはこの机・椅子・ベッドの3点のみで生活していた。

P6259012_convert_20161019170456.jpg

若い頃のソローはなかなかのイケメン。




P6259093_convert_20161019165823.jpg

金髪を編んで中に入れたブローチ。
自分の髪などで作ってみたい。





P6259026_convert_20161019170127.jpg

マザーグースの登場人物
パンチ&ジュディ柄の子供用カップ




次は博物館のすぐ近くにあるエマソンの家。
彼が1835年から亡くなるまで住んだ家だ。
こちらも内部は撮影禁止だが、嬉しい事に
先ほどの博物館に書斎が再現されている。


P6259002_convert_20161019175546.jpg

P6258974_convert_20161019175319.jpg

娘のベッドルームには完璧な状態のドレスと帽子が
ディスプレイされていたが、驚くほどの小ささだった。
この当時のアメリカ人はこんなに小さかったのか!

ここで面白い事を知った。
この当時のベッドは下記の画像の様に木枠にロープを張り、
その上にマットを敷いて寝るのだが、
ロープが緩むと寝心地が悪くなるので、
寝る前にロープをしっかり張り直すそうで、
その事から「Seep tight」(ロープを張ってお休みなさい)
と寝る前に言い合うとの事。
以前から、日本で言う「お休みなさい」の時に
なぜ「tight」なんだろう?と思っていたので、納得。

P6237920_convert_20161019181955.jpg

オールドスターブリッジビレッジのベッド



そしてもう一つ。
水道が無い時代には、各部屋の隅に
水入りピッチャーと洗面器が置いてあるのだが、
この家ではそれらの後の壁に
カフェカーテンの様な物が掛けられていた。
何か?と聞くと「Splash cloth」(スプラッシュ・クロス)
と言い、壁の水跳ね防止用に吊るしているそうだ。
興味深いので写真撮影したかった・・・





そして、いよいよ『若草物語』作者オルコットの家へ。

P6258606_(2)_convert_20161019172126.jpg

残念ながら内部の写真撮影禁止。
ルイザが執筆に使った壁に作りつけられた机や
姉妹のドレス、お母さんが作ったキルトなど
興味深い物で溢れていた。

姉妹の父はエマソンの「超越主義」に傾向しており
エマソンやソローらと友人関係にあった。
独自の幼児教育に情熱を注いだが
世間には認められず、貧しい生活を家族にさせたと、
以前に本で読んでいたので、
私は「堅物で扱いづらい自分勝手な父親」だと
勝手に思い込んでいた。
所が、このオーチャードハウスは
古くて誰も住めないと思われていた家2軒を
ルイザの父が自らの手で改築し1軒にまとめ
ルイザの机も父制作の物だった。
画家を志した末娘のエイミーのため、
貧困でキャンバスが買えない代わりに
家の壁をキャンバス代わりにさせるなど、
娘たちの個性を伸ばす事を奨励したり
孫にも自らの体を使って全身で分かり易く、
勉強を教えたそうで、私の思い込みが間違いで、
とても素晴らしい人物であったと分かった。


P6258642_convert_20161019172452.jpg

父ブロンソンの哲学学校。



非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク