ローラの針仕事紀行 part23

第18日目 6月25日 (土) その3
P6258693_convert_20161022170732.jpg

P6258692_convert_20161022170228.jpg

P6269219_convert_20161022195240.jpg


オルコットのオーチャードハウスの
すぐ隣のウエイサイド邸。
ここには一時期オルコット一家が住み、
その後、小説家ホーソンらが住んだ。
ガイドブックにはこの家は改修中とあったが
私達がコンコードに着いたその日から公開で、
翌日のこの日は無料公開だった。
無料公開なので人が多いのが玉に傷だが、
改修中でなかった事がラッキーだった。


P6269112_convert_20161022171908.jpg

P6269135_convert_20161022182644.jpg

ウエイサイドの内部



P6269250_convert_20161022173712.jpg

ガイドの方の信じられないほど小さい帽子。



P6269126_convert_20161022173046.jpg

オーチャードハウスの紹介ビデオで
ジョー役をしていた方も、公開記念にいらしていた。



P6269315_convert_20161022174147.jpg

P6269317_convert_20161022175426.jpg

昼食後、旧牧師館へ。
この屋敷はエマソンの祖父が建てた物で
ホーソンも新婚の3年間を過ごした。
見学はガイド付きのチケットを購入するのだが、
私は午後5時で閉店になってしまう町中の
アンティークショップに行きたかった。
ここでガイドに付いて見学すると
閉店までに店に行けなくなる、と見たシスターLは
スタッフの男性に「彼女は英語が全く分からないので
通常のガイドは無理、
ガイド抜きで短縮して見学させてほしい」と
頼んでくれたので半額で入場できた。
彼女からは「絶対に英語は話しちゃダメ」と念を押された。
そして「彼女はデザイナーだ」と説明してくれたので
先程のスタッフ男性は、キルトの裏側を見せてくれるなど、
さらなる我がままを聞いてくれた。
彼は「英語がしゃべれないのに
二人はどうやってコンタクトをとるのか?」と
不思議がっているのが、可笑しかった!
シスターLがとても気さくなせいか、
彼は今日は僕の誕生日だとか、
もうすぐ幼馴染の彼女と結婚するんだなど
プライベートな事まで話してくれたが
私は分からないふり。



P6269372_convert_20161022174733.jpg

P6269378_convert_20161022175914.jpg

当時のドレスとクレージーキルト



P6269454_convert_20161022183323.jpg

ペールカラーのキルト表。



P6269455_convert_20161022184232.jpg

我がまま言って見せてもらった裏側。



見学後、町に戻り2軒のアンティークショップへ。
20世紀初頭頃のはさみを見つけ、
高かったのでディスカウントしてもらったのだが
私は「タックス分もまけて」と言ったつもりだったのに
それが上手く伝わっておらず、タックス分は支払う事に。
私の英語が中途半端なのが悲しい…


P9190104_convert_20161022180708.jpg

P9190106_convert_20161022181025.jpg



P9190109_convert_20161022181355.jpg

P9190108_convert_20161022181234.jpg

ボタン
いつか、ローラドレスを作ったら付けよう!




P9190110_convert_20161022181627.jpg

P9190115_convert_20161022181804.jpg

ティンケース
裏側に多数の溝があるので、
マッチ箱では?と思う。




P6269510_convert_20161022183000.jpg

P6269507_convert_20161022182051.jpg

最後に独立戦争の発端となったオールドノース橋へ。
この橋はアニメ世界名作劇場『愛少女ポリアンナ』で
ポリアンナとジミーが出会う舞台に使われている。
このアニメでは架空の町ベルディングスビルを
コンコードに設定して制作しているので
町のあちこちにアニメで見慣れた風景を見る事が出来る。


P6269122_convert_20161022172445.jpg

ポリアンナが日を当てプリズムを作って
遊んだ物にそっくりのウエイサイドのランプ飾り。




P6258915_convert_20161022190622.jpg

P6258796_convert_20160912173045.jpg

P6258776_convert_20161022192443.jpg

『ポリアンナ』だけでなく
『ナンとジョー先生』(第3若草物語)にも登場する
ロータリーそばの聖バーナード教会と、隣接する墓地、
ホ-リー・ファミリー・パアリッシュ・ホール。

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク