ローラの針仕事紀行 part30

第23日目 6月30日(木) その1

P6300443_convert_20161116160722.jpg

いよいよ今日は最終日。
丸一日「ジェネシーカントリーヴィレッジ」を見学。
今回の旅、3か所目の歴史村。
アメリカにはあちらこちらにこの様な歴史村がある。
ガイドのバーブとジョージ、シスターLと私の4人で
見学し始めたのだが、
1ヶ所目から19世紀の衣装の特別展示があったので
私はそこを離れられなくなった。

P6300447_convert_20161116161506.jpg

「若草物語」の時代(1850年代)のウエディングドレス。



P6300599_convert_20161116161944.jpg

18世紀初頭のエンパイアドレス。



P6300517_convert_20161116162632.jpg

1890年代のレザーブーツ。

気が付くと3人の姿がない!
置いて行かれてしまったようだ。
後を追ったが姿が無いので、
ゆっくり自分のペースで、一人で周る事にした。



P6300761_convert_20161116164516.jpg

1809年に建てられた開拓者の家に入る。
ローラが生まれる60年位前の開拓者の暮らし。
布の長い切れ端を使って制作した人形が興味深い。

P6300745_convert_20161116163336.jpg

P6300750_convert_20161116164018.jpg



何軒か周り、玄関脇にキルトを干している家を見つけた。
すぐ側では往時のコスチュームを着けた女性が2人
刺繍をしながら、おしゃべりをしていた。

P7010831_convert_20161116171545.jpg

P7010778_convert_20161116165822.jpg

P7010780_convert_20161116165051.jpg


1840年に建てられた家で、
そこに住んでいる設定の女性と来客の女性だとの事。
来客役の女性には特定の家はなく
あちこちを散歩しているそうだ。
その彼女には往時のコスチュームについて
色々教えてもらった。
1840年当時にはボタンはあったが高価で
軍隊などでは使われたが庶民には手が届かず、
ピンで止めていたそうだ。

ペチコートの裾にロープを入れて
クリノリン代わりにすると聞いたと話すと、
それ以外では、
布を織る時に太くて張りがある糸を使って、
クリノリン代わりにするとの事、勉強になった。

この家の住人であるもう一人の女性は
本物のキルターだそうで
家の中には彼女制作の沢山のキルトがあった。

残念ながらボケてしまったが、
見事なボルティモアキルトと
色柄が似ているチェンバーポット(尿瓶)。
意図したわけでは無いそうだが、ナイスマッチ!

P7010811_convert_20161116170339.jpg

P7010813_convert_20161116170951.jpg



フックドラグは現代のものだが、アンティークにも見える。
制作はキルターの女性ではないそうだ。

P7010816_convert_20161116182108.jpg


キルターの彼女はここの仕事がとても楽しいと言う。
私もこの近くに住んでいたら是非ここで働きたい。
そんな話をしていると、聴きなれた声が聞こえてきた。
シスターLだ。
彼女もガイドの2人とは別に1人で周って来たそうだ。
お互いお昼は1人で食べる事になるかも・・・と
心配していたのでホッとした。


P7010855_convert_20161116172306.jpg

P7010860_convert_20161116180543.jpg

P7011187_convert_20161116183045.jpg

お菓子屋さんでコイン型のリコリス発見!
懲りずに買ってみる。
これはまあ食べられる。



P7010864_convert_20161116182542.jpg

ローズウォーターで風味つけしたクッキー。
香料が高価なので代用されたそうだ。



P7010869_convert_20161116172843.jpg

P7010923_convert_20161116173945.jpg

P7010886_convert_20161116173437.jpg

雑貨屋さんのショーケースに入っている
子牛の骨で出来た編み針などの手芸道具!
「売ってほしいなあ」と言うと
「家が近ければ私の物をあげられるのに残念だわ~」と
売り子のおばあさん。本当に残念だ。

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク