5度目の「大草原の小さな家」の旅 5

2018年7月7日(土)

P7070392_convert_20180805045550.jpg

早朝ビッグボーイにて
バーブ&ジョージの娘さん家族と朝食会。
バーブ似の娘さんご夫婦、
孫息子とその彼女。
孫息子はマリーンに入隊しており、
数か月前トランプ大統領の飛行機移動の際に護衛をし
その凛々しい姿がニュース番組で放映された。

マリーン?
ネイビーとは違う?
なぜ海なのに空の仕事?
よく分からないので調べたら、マリーンはネイビーの中の精鋭部隊だそうで、
昔は船で攻め込んだから、
海系の名前がついているが
今では飛行機での戦闘もあるので、海だけでなく、陸海空共に活動するそうだ。
ニュースに映る軍服姿の彼はかっこいい。
バーブの自慢の孫だ。
だが、本当に自慢に思っているのだろうか?
米国での護衛なら良いが、
実際に戦地に送られたら…
と思うと恐ろしくなる。
息子を持つ身の私としては
より一層彼の決断を残念に思う。
本当はバーブも誇りに思いながらも、
不安なのだと思うのだが、
アメリカ人と日本人では感じ方が違うのだろうか?



P7080547_convert_20180805062108.jpg

その後、バーブ&ジョージのおうち訪問。
広大な敷地に驚く!
家の手前には広い芝生の庭が広がり、裏手にはまるで森の様な大きな茂みがある。

アメリカの家庭らしく、
キルトをはじめとする手芸作品が飾られている家の内部を見せてもらった。
そして皆一斉に、ジョージのネットWiFiを使わせてもらいメールチェック。
ホテルや空港にもフリーWiFiはあるが危険なので、私はここでしか使う事が出来なかった。



P7080519_convert_20180805050032.jpg

ジョージが裏のポーチに置いてあるグリルで、
ターキーバーグを焼いてくれ、家の中ではバーブがスライスチーズや野菜、バンズ、デザートなどを用意してくれた。
各自がお皿を持って好きな物をチョイスしていく。
外で調理すれば、家の中が油まみれにならず合理的だ。
合理的といえば、野菜類も数種類のカット野菜がドレッシング付でパックされており、開けて食べるだけ。
ターキーバーグもこねている所を見ていないので、
多分、すでに形成されている物を焼くだけなのだと思われる。
デザートも市販のクッキーやファミリーサイズのゼリーを、パックから直接好きな分だけ取り分ける。
バーブ&ジョージはもう80歳なので、彼らにとっては手間が省けて良いと思うが、小さい育ちざかりの子供のいる家庭ではどうなのだろう?と疑問に思った。

食後、バーブがコレクションした沢山のローラに関する資料を見せてもらう。
数個の大きなプラのコンテナーの中に入っており、
その中の一つのコンテナーの中身は私たちで分けて良いと言う。
まだ持っていないローラの本などに混じって、
古いアーミッシュの写真集もあった!?
アーミッシュは写真に写るのを嫌うので、撮ってはいけないとの暗黙のルールがあるのだが…??



P7080525_convert_20180805050406.jpg

P7080536_convert_20180805050812.jpg

バーブのお宝分けが済むと
シスターL、ダッチマンと3人で裏の雑林散策へ。
途中から隣人の土地になるらしいが境界線はなく、
小さな小屋の手前に
「勝手に入ったら撃つぞ!」の古い看板が!
後でジョージに聞いたら
隣人の冗談らしいが、
アメリカなら本気も有りえそうな気もする。



P7080550_convert_20180805051137.jpg

庭に星条旗。



P7080544_convert_20180805051609.jpg

柵には馬車の飾り。
多分バーブの趣味だろう。


毎日忙しくスケジュールをこなしていく旅の中で、
唯一ゆっくりと出来る時間となった。



P7080574_convert_20180805052702.jpg

P7080576_convert_20180805062428.jpg

夕方、
バーブ&ジョージが私たちのために宿泊ホテルの裏にあるメノナイト経営のレストランで、オープンハウスを開催してくれるので、
そちらに向かう。
オープンハウスとは親しい人たちを大勢招待し、
違うグループの人達とも交流を図る事が出来る催しだそうだ。
今回はデザートナイトと言う事で、メノナイトの手作りデザートを堪能した。
メノナイトはアーミッシュの様に、昔ながら生活を今でも続けているが、
アーミッシュほど厳粛ではなく、車も乗るし柄物のドレスもOKだ。
(アーミッシュは無地のドレスだけ。)



P7080554_convert_20180805052202.jpg

オーナーの家族が100年位前に作ったと言うキルト。
これ以外にも沢山の手作りキルトが飾られていた。

時間になり招待者が来訪しはじめたが、
バーブ&ジョージの友人だけあって、
皆お年を召した方々。
普段、年配の生徒さんと接しているので、
年齢的には問題ないのだが
ネックは私の英語力。
持参したキルト作品の写真集を見せて時間を稼ぎ
後はデザートや飲み物を各自に運ぶおもてなし作戦で
なるべく会話する時間を短くした。
結果的には、皆とても朗らかで会話は少なくても、
ちょっとしたアイコンタクトやジェスチャーで私を受け入れてくれ、無事終了。

夕食はこのデザート類だけ…お腹的には十分なのだが、口が塩気を欲しがっているので、3人でホテル周りをぶらぶら散策後、
マックでポテトを買った。





【手芸教室 
セーラクラフト情報】

パッチワーク、
カルトナージュ、
ニット・レース編み、
ソーイング(小物や洋服)
刺繍など、
生徒さんの希望に沿って
どんな手芸でも
お教えします。
定期レッスン以外にも、
手芸に困った方のために、
「分からない所を1回だけ」
の単発レッスンも
お受けしています。
お好きな時にお好きな物を
レッスン出来る
予約制の教室です。
レッスン料が割引価格の
月謝制定期レッスン生も
募集しています。


《レッスンスケジュール》

月・木曜
 (午後・夜間)
午後1時30分~午後9時 
火・水曜
 (午前・午後・夜間) 
午前10時~午後9時
金曜
 (夜間のみ)
午後5時30分~午後9時 
土・日曜
 (午前・午後・夜間)
午前10時~午後9時

上記のお好きな日時を、
遅くとも前日午後9時迄に
電話予約して下さい。
見学も予約制です。
090-6479-7490

1レッスン 2時間 
¥2000

東急東横線・目黒線 
新丸子駅下車徒歩8分 
武蔵小杉駅下車徒歩13分

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク