5度目の「大草原の小さな家」の旅 14

2018年7月16日(月)

昨晩から滞在した
ミネソタ州
スプリングフィールドは
TVシリーズにも
度々登場した町。
町の中心地散策もしたいが
いよいよ今日からローラの故郷巡りなので先を急ぐ。
ホテルの前の道
ルート14はローラの各故郷をたどる道で
インガルスロードとも言われている。
この道沿いにあるウォルナットグローブを目指す。


P7161819_convert_20180814042000.jpg
途中、
初めてローラ旅の時にも訪れたソッドハウスに寄る。
シスターLにとっては
初めての場所だ。



P7161824_convert_20180814043114.jpg
P7171838_convert_20180814043744.jpg
芝土を長方形にカットし
レンガ状に並べ作った家。
ローラ達も住んだ芝土の家(ソッドハウス)を模して個人が作った物だ。
その制作に情熱を燃やした所有者のご主人は、
昨年亡くなったとの事。
6年前に初めて訪れた時に
そのご主人に寄り添っていた黒い老犬ももういない…



IMG_20180716_111654_convert_20180814044136.jpg
IMG_20180716_111839_convert_20180814044423.jpg
ソッドハウスの中で目を引いたのが古いクレージーキルトと、毛皮の掛け布団。
クレージーキルトは刺繍も華やかで手の込んだ作り。擦れて破れた部分もあるので、古い物だと分かる。
破れた縁を覗かせてもらい
中綿を観察する。
古いキルトの中綿をみられる機会はそうそう無いので、貴重な経験だ。
毛皮の方は、裏側にプリント布で裏打ちしてあり、
フェルトの2重の縁飾りが付いている。
毛皮にこの様な飾りを付ける事があるとは思わなかったので、これも良い勉強になった。

帰りがけに奥さんに、
この2枚について訊ねると
「はっきりとした年代は
分からないが、100年位前の物だと思う。毛皮には面白いエピソードがある。
馬の飼い主が死んだ愛馬をしのんでその馬の毛皮で作ったそうだ」
と教えてくれた。



P7171907_convert_20180814045634.jpg
そして
ウォルナットグローブへ。
原作本『プラム・クリークの土手で』の舞台であり、
TVシリーズ『大草原の小さな家』はこの町を舞台と設定している。
博物館の中にはTVシリーズで使われた暖炉などのセットも展示してあり、
原作本・TVシリーズ、
それぞれのファンが楽しめる博物館だ。

この町には、実在の父さんも寄付したお金で制作された教会の鐘や、
家族が暮らした土手の家跡がプラム・クリーク沿いに残っている。
毎年野外劇も行われる…
が…数日前洪水のため野外劇会場は水浸しになり、川に架かる橋も落ちて家跡には行けなくなったそうだ!

博物館ではローラのエンゲージリングを模した指輪の販売もしている。
ルビーの両側に
パールが1つずつ付いた
ゴールドの指輪。
シスターLは以前購入済みで、私も来る度に買おうか迷っていた。
値段も張るし、
そもそも普段からアクセサリーは身に付けない。
しかし、ローラ旅は5度目の今回で一区切りを付けようと考えているので、
思い切って注文した。
1ヶ月後に届く予定だ。


P8145476_convert_20180814102457.jpg
P8145478_convert_20180814101956.jpg
「ウーマンズ・デイ」
1940年9月号
ローラの娘ローズはジャーナリストで、この雑誌にも記事を連載していた。
必ずしも針仕事について書いていたわけでは無いが、この号は「フックドラグ」についての記事。
この本をバーブも持っており、自宅で見せてもらった時に羨ましかったのだが、見つける事が出来た!



P8145475_convert_20180814100649.jpg
「ウーマンズ・デイ アメリカンニードルワーク」
ローズが書いた針仕事本。
彼女は針仕事も好きで
キルト制作も行っていた。
様々な手芸に対しての解説が書かれている。時折、母ローラとの会話が書かれていたり、ローラ達家族の作品も一部掲載されている。
復刻版は持っているが写真が綺麗ではないので、
1963年当時に出版された古本を購入。



P7171922_convert_20180814085950.jpg
IMG_20180716_144511_convert_20180814103804.jpg
お昼は
ネリーズカフェで
ローラのチキンバーガー。
この後も予定が詰まっているので大急ぎで食す。



P7172036_convert_20180814090950.jpg

博物館見学後、 数年後にオープン予定のマスターズホテル博物館の外観見学。
バーオークにもマスターホテルがあるが、
ここはウォルナットグローブのマスターホテル。
数年前に今の博物館のすぐ隣のこの建物が購入され、開館の準備をしているとの情報を以前からネットで知っていたので、せめて外観だけでもと写真に収める。




P7171904_convert_20180814053602.jpg

P7172069_convert_20180814091419.jpg

P7172078_convert_20180814052616.jpg

P7172086_convert_20180814053033.jpg

ウォルナットグローブからルート14をスプリングフィールド方面に戻り、
TVシリーズで馴染みのある
スリーピーアイを通って、
ニューアームへ。ここはドイツ移民の街で、実在のローラ達も通った街だ。



P7172087_convert_20180814054324.jpg
「スピニング&スプール」
初めてのローラ旅は
「パッチワーク通信」企画
のツアーで、その時訪れた生地店を再び訪れた。
閉店時間の30分前に滑り込み、生地をショッピング。



P8015436_convert_20180814092401.jpg
以前ここで購入した濃紺に小花プリントが気に入り、使い果たしてしまったので、同じ物や似た様な濃いめの生地を中心に選ぶ。
日本ではあまり見つからない色だ。



P8015438_convert_20180814092701.jpg
小石プリント。
以前ネットショップで購入した小石プリントで、
ローラ関連の小物を制作。
今回の旅行で懐かしい方達へのお土産にしたため、使い切ってしまい似た物を購入。
紅白の生地は、厚手の布巾用反物。フォクロア調スカートにもなりそうなので
多めに買った。


先に外に出て街散策をしているシスターLを探していると「もう一軒生地店を見つけた!」と呼んでいる。
「シンブルボックス」 
こちらの方が沢山の生地が揃っている。
閉店時間が気になり何時迄か訊ねると「時間は気にせずに」と言ってくれる。
多分シスターLが交渉してくれたのだと思う。
ご夫婦で経営されていると思われるが、奥さんがとても朗らかで話し好き。
来日した事もあるそうで話に花がさいた。


P8015433_convert_20180814092123.jpg
こちらの店ではレンガプリントなど赤系をチョイス。
レンガプリントは家の
アップリケに使えそうだ。
ドイツ移民の街の思い出に
ドイツ衣装を着た女の子&男の子柄も…

シスターLはこの店の納屋プリントの生地と、ウエスタン調の物、合わせて6種類を買った。
普段は縫い物はしないが、興味はあるそうで、以前東京ドームのキルト展に来た際に、トープ調のキットを沢山買って帰った。
リタイア後に作ると言っていたが、今回の旅行で沢山見てきた納屋(バーン)が、プリントされた生地をいたく気に入り、すぐにでも習いに行くと意気込んでいる。どんな作品になるのか楽しみだ。



P7172096_convert_20180814053811.jpg
ホテルは
こちらもTVシリーズで
聞き覚えのある
マンケートの街。
ここでガイドの
バーブ&ジョージと再会。
カナダでの話などをしながら、夕食をとった。




【手芸教室 
セーラクラフト情報】

パッチワーク、
カルトナージュ、
ニット・レース編み、
ソーイング(小物や洋服)
刺繍など、
生徒さんの希望に沿って
どんな手芸でも
お教えします。
定期レッスン以外にも、
手芸に困った方のために、
「分からない所を1回だけ」
の単発レッスンも
お受けしています。
お好きな時にお好きな物を
レッスン出来る
予約制の教室です。
レッスン料が割引価格の
月謝制定期レッスン生も
募集しています。


《レッスンスケジュール》

月・木曜
 (午後・夜間)
午後1時30分~午後9時 
火・水曜
 (午前・午後・夜間) 
午前10時~午後9時
金曜
 (夜間のみ)
午後5時30分~午後9時 
土・日曜
 (午前・午後・夜間)
午前10時~午後9時

上記のお好きな日時を、
遅くとも前日午後9時迄に
電話予約して下さい。
見学も予約制です。
090-6479-7490

1レッスン 2時間 
¥2000

東急東横線・目黒線 
新丸子駅下車徒歩8分 
武蔵小杉駅下車徒歩13分

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク