5度目の「大草原の小さな家」の旅 15

2018年7月17日(火)

小さな家シリーズには書かれていないが、
プラム・クリークから
バーオークへ移動する途中
滞在したおじとおば夫婦の農場で、ローラは弟のまだ生後10ヶ月のフレディを亡くしている。
サウストロイ近く
ザンブロ川沿いにあった農場の近くに、
フレディは埋葬された。
その墓の場所も農場の場所さえも、未だはっきり分かっていない。
そのサウストロイを
2人で目指す。

カーナビにしたがって走るのだが、あちらこちらで道路工事をしていて、
通行止めのサインがある。
どのように迂回したら良いか分からず、近くにあった園芸店で聞いてみる。
ファミリー経営の様で、
まず娘さんが地図を書いて詳しく説明してくれるが
途中でお父さんが来て一言「通行止めのサインは無視して通ればいいんだよ」
と言う。
半信半疑のまま、
ドキドキしながら工事中の道を徐行する。
しかし、作業員は気にも留めない様子。
周りをよく見回すと、
道路沿いにぽつぽつと農家が見える。
農家の住人は、この道路を使わなければどこにも行けないので、工事中でも使用する…
と言う事で、私たちの車が1台通ったところで問題無かったのだ。
そんなこんなでようやく、ルート63沿いのサウストロイに移築された教会とワンルームスクール「大草原の小さな家 サウストロイー1876」と書かれた碑が立つ場所に到着した。

P7182145_convert_20180815082539.jpg

P7182102_convert_20180815075754.jpg



1856年に建てられた教会。
P7182103_convert_20180815081802.jpg



1995年に発行されたフレディの死亡証明書(?)
P7182126_convert_20180815081209.jpg

シスターLは「小さなフレディのお葬式をこの教会でしたに違いない」と言うが、
私には引っ掛かる点がある。ザンブロ川が近くに無いのだ。
途中何度か「ザンブロ川」サインのある川を渡って、ここまで来たのだが
この近くには流れていない。
帰国後グーグルで見ると、ザンブロ川はここより北西方向にあるので、
碑のある場所は違う様だ。
しかし、この近くである事は間違いない、ザンブロ川も車からだが、何度も見る事が出来た。
ここへ来るのは初めて。
私一人では絶対に来られない場所で、これもシスターLが運転して連れて来てくれたお陰だ。



次はワバシャに向かう。
2度目のローラツアーの時に訪れ、ローラ達も通過した町だ。
以前訪れたアンティークショップに行きたいのだが、
5年前に入った店は見当たらず、たまたま見つけたショップに入る。

P7182205_convert_20180815083522.jpg

ようやく今回初のアンティークショップへ来ることができたが…
次の目的地の閉館時間が迫っているので,
大急ぎで買い物を済ませる。



テーブルセンターと
ナプキンのセット。
帰国後広げてみると中心部には染みがあったが
参考資料にするための物で
クロシェ部分は綺麗なままなので問題無し。
P8015415_convert_20180815085108.jpg


粉などをすくう真鍮の
小さなスコップ。
オルソンさんが店で使っていたのよりは新しい時代の物だと思う。
基本的にアンティークは手芸関係の物と決めて探すのだが(例外は多々あるが)
時間が無い上「これから先アンティークショップ行ける機会は無いかもしれない」と慌てて決心した物なので、時間に余裕があれば
もしかしたら買わなかったかもしれない。
P8015413_convert_20180815084528.jpg



ワバシャからミシシッピ川に架けられた橋を渡り
ウィスコンシン州へ。
北欧系移民の町ストックホルム近くにある「ブラックキャットファームステッド」へ到着。
ここには父さんの両親の家が移築されている!
『大きな森の小さな家』に登場するダンスパーティーが行われた「じっちゃんの家」だ。

アーティスト夫婦が住んでいる広い敷地の中にあり、奥さんが羊毛を紡ぐ工房になっている。



斜面に移築されているので
1階部分は後付け。
P7182251_convert_20180815092007.jpg



反対側のこちらが、
本来のじっちゃんの家。
P7182244_convert_20180815090841.jpg
P7182208_convert_20180815090320.jpg



元の階段跡。 改築された
部分もあるが、天井や床
窓枠などはそのまま。
IMG_20180717_171840_convert_20180815092455.jpg



古い家で度々見かけ
何だか分からなかったが
古い家を近代的にリフォームした際に、ストーブから伸びたパイプを、煙突につなげていた穴を、隠すための蓋だと教えてもらった。
周りのペールイエローと
レトロな絵が可愛い。
P7182217_convert_20180815103056.jpg



実は前回、ツアー前に彼女とメールでやり取りをしていて、この工房に招待されたのだが、ツアー中の自由がきかず、諦めた場所で
最後の断りのメール後、
返信が無くなり「私の未熟な英語のせいで、気を悪くしたのかもしれない」と気にしていたのだ。
挨拶の時、前回の非を詫び
手作りのポーチや私の作品が掲載された雑誌などのお土産を渡す。
目と目を合わせて話せば、言葉は不自由でも気持ちは伝わる。
最後にはハグで別れを惜しんだ。



彼女の手紡ぎの毛糸。
本当はローラの様な赤いミトンを編みたいのだが、
段染め赤の毛糸しかなく
とりあえず生成りを購入。
いつか、自然染料で赤に染めたい。
P8015443_convert_20180815093124.jpg



この後、ローラ達の住んだ『大きな森』の本当の家跡地や
(過去何度も訪れた、復元されたログキャビンは本当の場所ではない)
彼女が教えてくれた古い学校にも訪れたかったのだが
今晩7時にバーブ&ジョージのツアーがはじまり、
集合場所のホテルに向かわなければならず、叶わなかった。

昼も夜も食べずに
集合場所へ到着。
私達二人だといつも時間に追われ食事する時間が無い。
行きたい所が多すぎる。

今晩から始まる
バーブ&ジョージの「リトルハウスサイトツアー」には
私達の他に、カリフォルニアからの母娘と、(ヨーロッパの)オーストリアから70代のご夫婦が参加。
オーストリアの奥さんの
英語は問題なく、
旦那さんは私よりはしゃべれるが、少し不自由。
そんな旦那さんにジョージが「言葉の事は心配しなくてもいいですよ、えつこの英語は酷いが、それでもちゃんと通じてるから…」
と引き合いに出された。
事実なので反論はしない。




【手芸教室 
セーラクラフト情報】

パッチワーク、
カルトナージュ、
ニット・レース編み、
ソーイング(小物や洋服)
刺繍など、
生徒さんの希望に沿って
どんな手芸でも
お教えします。
定期レッスン以外にも、
手芸に困った方のために、
「分からない所を1回だけ」
の単発レッスンも
お受けしています。
お好きな時にお好きな物を
レッスン出来る
予約制の教室です。
レッスン料が割引価格の
月謝制定期レッスン生も
募集しています。


《レッスンスケジュール》

月・木曜
 (午後・夜間)
午後1時30分~午後9時 
火・水曜
 (午前・午後・夜間) 
午前10時~午後9時
金曜
 (夜間のみ)
午後5時30分~午後9時 
土・日曜
 (午前・午後・夜間)
午前10時~午後9時

上記のお好きな日時を、
遅くとも前日午後9時迄に
電話予約して下さい。
見学も予約制です。
090-6479-7490

1レッスン 2時間 
¥2000

東急東横線・目黒線 
新丸子駅下車徒歩8分 
武蔵小杉駅下車徒歩13分

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク