5度目の「大草原の小さな家」の旅 26

2018年 7月28日(土)

リトルハウスサイトツアーは昨日で終了。
朝、それぞれに帰路に着くが、
私とシスターLはカンサス州「トールグラスプレイリー」へ

ミズーリ州からカンサス州まではかなりの距離。
昨日まではバーブから、
「前日か朝にガソリンを満タンにしておく事!」と念を押されていたので満タンで出発するが
今朝はシスターLがガソリンスタンドに寄る気配は無い。
途中で入れれば大丈夫との事。
それでもメーターが気になり
ちょくちょく目をやる。
先日ガソリンスタンドの脇に車を止め「ガソリンを分けて!」と書いた段ボールを掲げたおじさんを見た。
多分、クレジットカードが使えなかったが現金を持ち合わせてい無い?かなんかで、立ち往生してしまったと見られる。
ハイウェイの途中でそんな目にあいたくない。
段々メーターの針が下を向いてきたので、ガソリンスタンドに寄る事を提案し、
次に見つけたスタンドに寄る。
しかし、古い雑貨屋が経営しているスタンドの様で、ハイウェイから見える背の高いサインも折れ曲がっている。
なんだか昔の映画に出てきそうなリアルアメリカ感満載の店だ

旅の最後なので、現金の持ち合わせはいくばくか…
カード払いはOKだったので
良かったがカードを悪用されないか不安になる。
店の中に家族連れの客がいた。
小さな子供を見ると何故だか
不安が薄れホッとする。
シスターLが女性店員に道を聞くと、親切に教えてくれた。
店を出る頃には不安も消え、
シスターLと「映画の世界に入ったみたい」と貴重な経験を楽しむ気持ちになる。
ただ、写真を撮らなかった事が悔やまれる。

「トールグラスプレイリー」行きはシスターLの希望で
ツアーに参加したいと言う。
11時と13時の2回。
まず途中で11時の回は
間に合わない事がわかり
13時の回迄の到着を目指す。
カーナビによると余裕を持って到着出来そう…と安心していたら、道を間違え別のハイウェイに乗ってしまう。
カーナビにしたがって曲がったつもりが、分かりにくく
間違えてしまった。
Uターンしたくても、
一本道で出口が無い。
なんとか曲がれそうな道を見つけ元の道に戻るが、
時間は刻々と過ぎていく。
シスターLの機嫌が悪くなり
出口の無いハイウェイと
カーナビに怒りをぶつける。

13時きっかり!
目的地に到着。
彼女が車を止めている間に、
私がツアーバスに飛び乗り、少し待ってくれるよう頼む。
ドライバーの男性(多分リタイア後にこの職に就いたと思われる年配の方)は、のんびりと「OK 大丈夫だよ。」 



P7295352_convert_20181020131733.jpg

P7295268_convert_20181020131231.jpg

入場料もツアー代金も無料。
ここはナショナルパークだからなのか?
全てのナショナルパークが無料なのかはわからないが…

ローラが幌馬車で旅した大草原を彷彿とさせる草原が広がる。

P7295270_convert_20181020131342.jpg



敷地内に大きな家が建っている
それを目にした途端、
俄然元気が出る。

この旅で分かったのだが
シスターLと私は
熱烈なローラファンだが
彼女はローラの周りの大自然や動物に心惹かれ
私はローラ達が自分の身の回りの全ての物を手作りする部分に魅了されている、
と言う違いがあった。



P7295296_convert_20181020131432.jpg

P7295302_(2)_convert_20181020131530.jpg

ステファン・F・ジョーンズ氏が所有していた屋敷と農場、牧場をそのままパークにしている



P7295344_convert_20181020131638.jpg

綺麗に積み上げられた石塀が家の周りを囲む。



IMG_20180728_153958_convert_20181020133424.jpg

IMG_20180728_154015_convert_20181020133354.jpg

3階の屋根裏部屋。
ニットとパッチワークのベッドカバーが展示されている。



IMG_20180728_154840_convert_20181020132840.jpg

IMG_20180728_155136_convert_20181020132743.jpg

1階の居間に展示されている
キルティング台。



IMG_20180728_154146_convert_20181020133254.jpg

可愛いドアストッパー



IMG_20180728_153935_convert_20181020133501.jpg

塵取りも可愛い


IMG_20180728_154423_convert_20181020133052.jpg

地下と1階を結ぶ階段。
長6角形にくり抜かれたデザインが魅力的。



IMG_20180728_154333_convert_20181020133209.jpg

地下のキッチン



IMG_20180728_154645_convert_20181020133003.jpg

キッチンの先には
細くて暗い通路が…
少し怖い。



IMG_20180728_154617_convert_20181020151012.jpg

通路はワインセラーと、このスプリングルームに続いている。
アルマンゾもマンスフィールドの小川の上に建てていたが、
ここでは床に水を張り涼を取り冷蔵庫としていた。



IMG_20180728_154412_convert_20181020133120.jpg

地下の天窓。
丸くくり抜いた穴にガラスがはめ込まれている。



P7295358_convert_20181020131816.jpg

ここにもバーンキルトが。

午後4時過ぎ、パーク見学終了
朝から何も食べていないので、近くの町で食事する事にする。



P7295360_convert_20181020131901.jpg

P7295361_convert_20181020131938.jpg

P7295365_convert_20181020132029.jpg

IMG_20180728_162842_convert_20181020132659.jpg

とても小さな町。
1軒のレストランを見つける。
町には人影は無く、店もオープンしているのか分からないが、車が駐車しているので、覗くと中には沢山の客がいる。
ローカルなこのレストランを私はすぐに気に入ったが、
シスターLには
音楽がうるさ過ぎる様だ。
しかし、ここで食事をしないと
次の店を見つけるまでに
何時間かかるかわからない。
シスターLには我慢してもらう事にした。

いざ注文しようとメニューを見るが、お腹は空っぽのはずなのに、パークでの暑さのせいで食欲が湧かず、ココナッツパイだけにして、夕食用にマカロニチーズをテイクアウトする。


その後、空港近くのウィチタにあるホテルに向かう。
とうとう2人だけのドライブも終わり。
途中シスターLとは色々と揉めたが、彼女がいなければ、
私はこの旅に参加する事は出来なかった。
ありがとう…

ウィチタのホテルに到着。
明日は朝5時55分!のフライトなので、到着後すぐに大量のお土産のパッキングに着手。
重量オーバーにならない様に
2つの大型スーツケースと
息子に借りたアウトドア用の
大きなバックパックに
均等に詰める。

明日は寝坊などしませんように…と祈りながら、
眠りに着く。




【手芸教室 
セーラクラフト情報】

パッチワーク、
カルトナージュ、
ニット・レース編み、
ソーイング(小物や洋服)
刺繍など、
生徒さんの希望に沿って
どんな手芸でも
お教えします。
定期レッスン以外にも、
手芸に困った方のために、
「分からない所を1回だけ」
の単発レッスンも
お受けしています。
お好きな時にお好きな物を
レッスン出来る
予約制の教室です。
レッスン料が割引価格の
月謝制定期レッスン生も
募集しています。


《レッスンスケジュール》

月・木曜
 (午後・夜間)
午後1時30分~午後9時 
火・水曜
 (午前・午後・夜間) 
午前10時~午後9時
金曜
 (夜間のみ)
午後5時30分~午後9時 
土・日曜
 (午前・午後・夜間)
午前10時~午後9時

上記のお好きな日時を、
遅くとも前日午後9時迄に
電話予約して下さい。
見学も予約制です。
090-6479-7490

1レッスン 2時間 
¥2000

東急東横線・目黒線 
新丸子駅下車徒歩8分 
武蔵小杉駅下車徒歩13分

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛駅前
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・木曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
金曜   午後5時30分~9時
        (夜間のみ)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

HPもご覧ください!
http://www.geocities.jp/takuto_sarah
/t.htm
不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク