イギリス物語紀行 第1章

2019年5月10日(金)
P5100004 (500x281)

いよいよイギリスへ出立の日。
羽田空港からなので楽だが、
朝8:50発のフライト!
今回の旅は行きも帰りも、
途中の移動も早朝出発が多い。

アメリカへはいつもデルタで、
チケットを取った時点で、
無料座席指定を自分で出来たが、
ブリティッシュエアウエィズは、
24時間前にならないと、
無料座席指定が出来ない。
前日の朝、
出張レッスンへの道すがら
駅のベンチでチェックイン。
でも時すでに遅し、
並びでの窓際は取れなかった。

前回の息子との海外は、
まだ学生だった頃なので、
自分と息子、2人分の準備を
しなければならず、
大変だったのだが、
今回はもう成人しているので、
注意事項だけ伝えて
本人に任せられたので楽だった。

さてはて、
お昼過ぎにロンドン到着、
国内線で、スコットランド
エディンバラへ。
乗り継ぎでの入国は、思っていた程
時間がかからないのが不思議。
最近は機械を導入しているから…
と言う事もあるけど。



P5110010 (500x281)

国内線は小さな飛行機なので、
降りる時はタラップで。
私が憧れていた頃の、
昔の海外旅行みたいで嬉しい。



P5110013 (500x281)

エディンバラ空港の外。



P5120229 (500x375)

これからトラムで
ウェバリー駅へ向かう。
途中で空が真っ黒な雲で覆われ
降ってきた!と思ったら雨ではなく、ヒョウだった!



P5120235 (500x375)

オールドウェバリーホテルに到着。
古い外観が素敵!な大きな建物なのだが、フロント玄関が小さい。
1階道沿い側には、幾つものショップが入っていて、その並びに小さなホテル用の入り口がある。
画像では向かって右の赤い旗部分。
(エディンバラは坂の街なので画像も斜め)

部屋に入ると…ツインを予約したはずがダブルになっていた。
息子参加が決まった時点で、
ダブルをツインに変更、
Booking.com のプリントアウトもツインに変更されているのだが、なぜかホテルの予約はダブルのまま。
当然、息子は不満たらたら…
私は心の中で「いーじゃない、
小さい頃はいつも一緒に寝てたんだから」と思いながら、
口では「ごめんね~」と謝る。

お腹が空いたので、調べておいた
シーフードレストラン「マッスル・イン」へ向かうが満席。
「では翌日の夜の予約を」と言ったら、翌日も夕方5:30か夜9:30しか空いていないとの事で、
仕方なく5:30に予約を入れた。
パブも満杯、エディンバラは観光客でいっぱいだった。

P5120184 (375x500)

IMG_20190511_032453 (375x500)

近くに
「ジェイミーズ・イタリアン」を
見つけ入る。
こちらはそれほど混んでいない。
「ジェイミー・オリバー」
イギリスの若きカリスマシェフ(だった?)のイタリアンレストラン。
あちこちにあるので、本人が作るわけではないだろうが。
その昔、WOWOWで息子と一緒に、
彼の料理番組を見ていたので、
馴染み深いシェフなのだが、
もう「若き」でもないし、
人気に陰りが出てきたらしい。
でも、頼んだラビオリやサツマイモのフライなどおいしかった。

帰国後、BBCニュースで彼のレストランが破産したと知った。
気の毒なジェイミー…
ギリギリ閉店する前に入れたのは、ラッキーだったかもしれない。



P5120224 (500x410)
P5120221 (500x415)
P5120219 (500x412)
P5120220 (500x480)
P5120233 (500x375)
         現在。

ウェバリーホテルの変成写真。
1884年と1905年で
階数が変わって見た目も変化している。立て替えたのか?
それとも土台は同じで外観だけを変えたのか?
後日購入した、コッツウォルズの家についての本には、1軒の家を何世紀にも渡って、付け足し付け足しで今に至っている家が掲載されていたので、このホテルも土台の家は変わっていないのかもしれない。




【手芸教室 
セーラクラフト情報】

パッチワーク、
カルトナージュ、
ニット・レース編み、
ソーイング(小物や洋服)
刺繍など、
生徒さんの希望に沿って
どんな手芸でも
お教えします。
定期レッスン以外にも、
手芸に困った方のために、
「分からない所を1回だけ」
の単発レッスンも
お受けしています。
お好きな時にお好きな物を
レッスン出来る
予約制の教室です。
レッスン料が割引価格の
月謝制定期レッスン生も
募集しています。


《レッスンスケジュール》

月・火・水・土・日曜
午前10時~午後9時
金曜
午後1時30分~午後9時 
木曜
 出張レッスンのため、教室レッスンはお休み

不定休 

上記のお好きな日時を、
遅くとも前日午後9時迄に
電話予約して下さい。
見学も予約制です。
090-6479-7490

1レッスン 2時間 
¥3,000 
(4月より改訂になりました)

東急東横線・目黒線 
新丸子駅下車徒歩8分 
武蔵小杉駅下車徒歩13分

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「キルトジャパン」 ヴォーグ社
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・金曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
木曜   出張レッスンのみ    
    (教室レッスンはお休み)

祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日夜9時までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク