イギリス物語紀行 第2章 その1

2019年5月11日(土)

今日はエディンバラへ来た目的を
実行する。
エディンバラへは、キルトスカートをオーダーしに来たのだ。
スコットランド男性の正装タータンキルトだが、ほぼ同じ形で女性用スカートもある。
私は20年以上前に、
ローラアシュレイでキルトスカートに出会って以来のファンで、
毎冬愛用しているので、
せっかくイギリスに行くのなら、
エディンバラまで足を延ばして、
本場のタータンキルトスカートを買いたい!と思った次第。

リーズの港近くにある王室御用達のタータンの店「キンロックアンダーソン」へ向かうため、ホテルの近くにあるバス停で22番バスを待つ。
バスの本数はかなりある様で、
何本も通り過ぎるが、肝心の22番バスが到着時間を過ぎてもなかなか来ない。
30分位待っていると、おじいさんが声をかけてくれたので、
「キンロックアンダーソンに行きたい」と言うと、
「22番バスだね、私はこの店の近くに住んでいるんだ」と言って、
別のバス乗り場を教えてくれた。
どうも22番バスは、急遽、別ルートで周っているらしい…
感謝の意を伝えて、別の乗り場へ行ってみるが、22番との表示がない事に不安をおぼえ、近くにいた別のおじさんに聞いてみる。
すると「ここじゃないよ」と言う。
???どうしようか…と、
とぼとぼバス停から離れたすきに、
22番バスが来て…
そして走りさってしまった!!
あぁ…初めの親切なおじいさんの言葉を信じるべきだった。

そんなこんなで出鼻をくじかれたが
何とか…次のバスに乗り、
何とか…目的地に到着できた。
(…の間にまだまだ色々あったが
長くなるので省略)

P5110035 (500x375)

店の中から、隣にある広い作業場を覗けるようになっている。
そこで制作しているようだが、
今日が土曜日のせいか作業はお休み
ショップのみの営業だった。
作業が見られなかったのは残念。

渡された2~3冊の分厚いタータン見本をめくり、タータンを選ぶ。
目移りするが、渡英前に日本で開催されていた「タータン展」に赴き、ある程度決めていたので、「スコットランド・フォエバー」と言う
スコットランドの国花・アザミの花をイメージしたと思われるブルー系に紫が映えるタータンにした。
それともう1着、同じ形だがタータンではなく、無地グレーのウール地の物もオーダーした。
チェックのシャツも好きなので、
それに合うように無地の物を以前から欲しかったのだが、
なかなか希望の物が見つからず、
思い切ってそれもオーダーした。
はたして4週間後に、期待通りに出来上がってくるか?
心配な気持ちもあるが、ドキドキ待っている所である。

朝食を取っていないので、
(私も息子も朝は朝食取るより、
その分寝ていたいタイプ)
近くでブランチにすることにした。
これ以上遅く取ると、
5時30分に予約したシーフードが食べられなくなる。
お腹の減り具合も、
計算に入れなければ。



P5110029 (281x500)

途中で小さな路上マーケットを覗く
今はアスパラガスが旬。
大好きなので食べたいがホテルでは調理できず残念。
そのうしろのアーティチョークは、
その昔テレビの旅行番組で観て以来
一度食べてみたいと思っているのだが、未だに機会が訪れない。
こちらも残念。
「兼高かおる世界の旅」だったかなぁ?
びっくりするくらい古い話!だね。



P5110023 (500x281)

P5110021 (281x500)

IMG_20190511_190651 (375x500) (2)

事前調べしておいた
「ローズリーフ」

IMG_20190511_190639 (375x500)

息子はサーモンとサワークリームがブレッドに乗ったプレートで
私は本日のスープ小、
ポテトとタラ系の魚がたっぷり。
何だか?の賞を取ったお店らしかったので選んだのだが、
その甲斐あってどちらも美味しい!
息子は食べる事を楽しみにしているので、美味しくてホッとした。
付き合ってもらっているので、
その辺は私も気を遣う。


その2に続く…



【手芸教室 
セーラクラフト情報】

パッチワーク、
カルトナージュ、
ニット・レース編み、
ソーイング(小物や洋服)
刺繍など、
生徒さんの希望に沿って
どんな手芸でも
お教えします。
定期レッスン以外にも、
手芸に困った方のために、
「分からない所を1回だけ」
の単発レッスンも
お受けしています。
お好きな時にお好きな物を
レッスン出来る
予約制の教室です。
レッスン料が割引価格の
月謝制定期レッスン生も
募集しています。


《レッスンスケジュール》

月・火・水・土・日曜
午前10時~午後9時
金曜
午後1時30分~午後9時 
木曜
 出張レッスンのため、教室レッスンはお休み

不定休

上記のお好きな日時を、
遅くとも前日午後9時迄に
電話予約して下さい。
見学も予約制です。
090-6479-7490

1レッスン 2時間 
¥3,000 
(4月より改訂になりました)

東急東横線・目黒線 
新丸子駅下車徒歩8分 
武蔵小杉駅下車徒歩13分

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「キルトジャパン」 ヴォーグ社
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・金曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
木曜   出張レッスンのみ    
    (教室レッスンはお休み)

祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日夜9時までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク