イギリス物語紀行 第5章 その1

2019年5月14日(火)

P5140602 (500x375)

今日こそは
定番のピーターラビット。
朝一番のフェリーに乗りたくて予定を組んだが、息子の支度が遅く、
ぎりぎりで乗り損なう。
次回の便は40分後!
旅先での40分のロスは大きい!と機嫌が悪くなる母と、
引っ張りまわされ、疲れが溜まっている息子、当然、口喧嘩…
と言っても日常茶飯事の事で、スグにおさまるのだが。

フェリーで対岸に渡り、
そこから小さなバスでニア・ソーリー村に向かう。

バスを降りて…入場券を購入する際にガイドブックを買おうとすると、
何処から来たのかと聞かれた。
「日本」と答えると、日本語のガイドブックもあると言うので、
日本語版を購入。
英語以外は日本語だけの様で、
やはり日本人はピーターラビット好きが多いのだろう…にもかかわらず
1人の日本人にも会わなかった。
湖水地方では、多くの日本人に会うだろうと予想していたのだが…
事前調べでは5月はまだ寒く15度位と言う事だったので、温かくなる6月以降に来るのだろうか?
しかしながら、この日は暑い位良い天気な上、観光客も少なかったので最高の時期だった。

チケットセンターの駐車場で、
息子がティムを見つけた。
昨日のブロンテツアーの運転手。
今日は年配ご夫婦のガイドをしているようだ。

P5140612 (368x500)

チケットセンターからヒルトップ農場に向かう途中、
早速、ピーターが手紙を入れたポストが!!



P5140606 (500x391)

P5140610 (500x375)

その隣は様々なおはなしに描かれた
B&B「バックル・イート」



P5140623 (375x500)

犬のダッチェスが手紙を読んでいた、まさにその場所。



P5140624 (375x500)

「こねこのトムのおはなし」に
描かれている木戸。



P5140631 (375x500)

ヒルトップ農場に到着。今でも、
ポターが立っていそうな玄関部分。



P5140651 (375x500)

入場時間が来るまで庭を巡る。
あひるのジマイマが卵を隠した
ルバーブ畑。ルバーブと言うと…
当然、砂糖を入れ忘れたローラの
ルバーブパイを思い出してしまう。



IMG_20190514_201803 (500x375)

いよいよ建物の中へ。
ここでも写真撮影OK!
以前のブログをサーチしたら、
写真撮影禁止になっていたが…?

猫のタビタ達が、
お喋りに興じた暖炉。


IMG_20190514_201926 (500x375)

このカップボードの前を、ねずみのアナ・マライヤが掛け抜けた。



IMG_20190514_201856 (375x500)

階段の踊り場では…
猫のタビタが立ちつくす。



IMG_20190514_200954 (500x357)

階段を上り終えると…
ひげのサムエルが綿棒を転がして…
画像右下に注目!



IMG_20190514_200829 (375x500)

2階窓からのこの風景は、
「ひげのサムエルのおはなし」の
景色その物。



IMG_20190514_195619 (375x500)

「こねこのトムのおはなし」に登場する鏡とチェスト。



IMG_20190514_200108 (375x500)

寝室の天蓋付ベッド。
しかし、結婚した後に買った物で
ポターはこのベッドで寝ていない。
ポターは結婚で引っ越した後も、
この家を手放す事無く、
ほとんど毎日1人で訪れたそうだ。
結婚した後も、お気に入りの物と
1人の時間を大切にしたポター。
彼女の気持ち、よく理解できる。


IMG_20190514_202332 (375x500)

カーテンの刺繍はポターお手製。
家の中で様々な針仕事作品を見る事が出来るが、ポター作はこれのみ。



IMG_20190514_200051 (375x500)

ベッド上のキルトは、アメリカ出身の老婦人が持っていた物。
色の抜け具合がいい味を
かもし出している。

まだまだ紹介しきれないほど、
この家は沢山の物で詰まっている。


その2に続く…




【手芸教室 
セーラクラフト情報】

パッチワーク、
カルトナージュ、
ニット・レース編み、
ソーイング(小物や洋服)
刺繍など、
生徒さんの希望に沿って
どんな手芸でも
お教えします。
定期レッスン以外にも、
手芸に困った方のために、
「分からない所を1回だけ」
の単発レッスンも
お受けしています。
お好きな時にお好きな物を
レッスン出来る
予約制の教室です。
レッスン料が割引価格の
月謝制定期レッスン生も
募集しています。

《レッスンスケジュール》

月・火・水・土・日曜
午前10時~午後9時
金曜
午後1時30分~午後9時 
木曜
 出張レッスンのため、
教室レッスンはお休み

不定休

上記のお好きな日時を、
遅くとも前日午後9時迄に
電話予約して下さい。
見学も予約制です。
090-6479-7490

1レッスン 2時間 
¥3,000 
(4月より改訂になりました)

東急東横線・目黒線 
新丸子駅下車徒歩8分 
武蔵小杉駅下車徒歩13分

非公開コメント

Sarah craft
プロフィール

sarah jun

Author:sarah jun
東急東横線 新丸子(武蔵小杉)
『パッチワーク&カルトナージュ 
手芸教室 セーラクラフト』
いいむらえつこ

日本デザイン専門学校卒業後
ニット衣料製造販売会社入社
ディズニー衣料のプリントデザイナー
を経て、
2001年に「セーラクラフト」主宰。

日本手芸普及協会パッチワーク指導員

そんぽの家S 梶が谷     
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 高田
       「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師
そんぽの家S 上野毛
   「パッチワーク講座」講師
       「編み物講座」講師

「パッチワーク教室」ブティク社、
「キルトジャパン」 ヴォーグ社
「パッチワーク通信」
「パッチワーク倶楽部」などへの
 作品提供多数

コラージュポストカード紹介で
「おしゃれ工房」(NHK)出演

「第10回きものの街のキルト展」
 審査員特別賞はじめ受賞多数

新丸子本教室では、
お好きな日時を
予約していただいてのレッスンです。
下記のお好きな時間をご予約下さい。
(予約は前日夜9時迄にお願いします)

月・金曜 午後1時30分~9時
        (午後と夜間)
火・水曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
土・日曜 午前10時~午後9時
        (終日OK)
木曜   出張レッスンのみ    
    (教室レッスンはお休み)

祝日も同スケジュール

希望に沿った作品作りをしていますので、お好きな物を作る事が出来ます。

少人数制なので初心者の方もご安心を。
細かな所まで、指導&お手伝いさせていただいています。

パッチワーク,カルトナージュだけではなく手芸全般のレッスンをお受けしています。洋裁(服作り)もお教えしています。

一回だけの単発レッスンもOK!

レッスン以外でも、手芸の事でしたら
お気軽になんでもご相談ください。

日本手芸普及協会パッチワーク
講師資格をご希望の方もぜひどうぞ!  

不定休ですので、
レッスン・見学希望の方は
前日夜9時までに電話予約をお願いします。

ご予約・お問い合わせ先
090-6479-7490

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク